1. まとめトップ

【ガンダム00/2nd Season】ガンプラHG00まとめ【バンダイのプラモデル】

アニメ「機動戦士ガンダム00」のガンプラHG00のまとめ(セカンドシーズン分のみ)。

更新日: 2015年12月01日

Bunny_Robberさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 34149 view
お気に入り追加

| 新生ソレスタルビーイング

GN-0000 ダブルオーガンダム

主人公、刹那・F・セイエイが乗る、新たなるガンダム。
ダブルオーガンダムは、新たに作られたガンダムの一機であり、最大の特徴は2基の太陽炉を搭載するツインドライヴシステムにある。
2基の太陽炉が同調することによって生み出されるGN粒子は2倍ではなく二乗される。ただし、太陽炉の同調は不安定であり、もっとも同調率の高かったガンダムエクシアと0(オー)ガンダムの太陽炉を使用してやっと起動できた状態だ。

¥1,080

〈公式サイト〉
http://bandai-hobby.net/gundam00/product/hg/00gundam.html

ガンダム00シリーズのキットはどれも出来が良いが、ダブルオーはその中でもかなり評価の高いキット。

GN-006 ケルディムガンダム

ガンダムマイスターの一人、ロックオン・ストラトスが乗る機体。
ガンダムデュナメスのコンセプトを受け継ぎ、武装は射撃に特化しており、格闘用の武器を持たない。また、全身にGNシールドビットを装備しており、全方位からの防御が可能となっている。

¥1,296

シールドビット用の台座が付属。

GN-007 アリオスガンダム

ガンダムマイスターの一人、アレルヤ・ハプティズムが乗る機体。
ガンダムキュリオスの発展機。飛行性能の強化、固定武装の増加など、基本スペックの向上が図られている。
また、新たな機能として、両肩にGNビームシールドを装備した。これは攻撃力を有したビームの盾であり、飛行形態時には武器としても使用できる。
さらに、キュリオスで機体後部に装備していたテールブースターを強化発展させた、専用支援機GNアーチャーも製造されている。

¥1,620

GN-008 セラヴィーガンダム

ガンダムマイスターの一人、ティエリア・アーデが乗る機体。
ヴァーチェの発展機であり、大型砲を多数装備することで対艦隊戦や要塞戦に適している。 背中には、巨大なガンダムフェイスが隠されている。この顔が現れた状態は、フェイスバーストモードと呼ばれ、フルパワー時に発動する。
メイン武装は、GNバズーカIIとGNキャノン。それぞれ複数あり、組み合わせを変えることで違った攻撃方法が可能となる。
一方装備にシールドはなく、防御はGNフィールドで機体を包み込むことで行う。

¥1,728

GN-009 セラフィムガンダム

セラヴィーガンダムの一部として隠されていた機体。
通常はセラヴィーの背中にバックパックとして存在している。
両者が分離した時、コクピットと太陽炉はセラフィムの方にあり、セラヴィーは無人攻撃機となる。

¥1,080

GNR-010 オーライザー

ダブルオーガンダムの専用支援を目的として製造された機体。
オーライザーは、太陽炉を持たず機体内に大型のGNコンデンサーを搭載しエネルギー源としている。オーライザーがダブルオーガンダムと合体することで、ツインドライヴの制御を行いシステムを安定稼働させ、トランザムシステムを安全かつ完全に発動させることが可能となった。

¥864

GNR-101A GNアーチャー(ガンアーチャー)

アリオスガンダムの支援マシンとして開発された新生ソレスタルビーイングの新装備。元々は第三世代ガンダム開発時に作られたガンダムの一機だったが、正式採用にいたらず製造途中で放棄されていたものを支援機という形で完成させた。
動力源として太陽炉を持たず変わりに超大型GNコンデンサーを搭載し、合体時にアリオスから供給される粒子を使用している。

¥1,296

1 2 3 4 5





Bunny_Robberさん

雑食です。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう