1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

飲食店員を呼びつけ、頭を蹴ってけがをさせたとして、滋賀県警守山署は8日、傷害の疑いで同県湖南市岩根、自動車販売店員、関口智樹容疑者(25)を逮捕した。容疑を認めている。
逮捕容疑は、今年4月29日午前3時半ごろ、湖南市内の知人方に呼びつけた飲食店員の男性(24)がクレームに対して謝罪した際、土下座している後頭部を足で蹴り、軽傷を負わせたとしている。

滋賀県警守山署は8日、傷害の疑いで、湖南市岩根、アルバイトの男(25)を逮捕した。
 逮捕容疑は4月29日午前1時半ごろに守山市内のファストフード店に来店した際、男性店員(24)の帽子のつばが顔に当たったなどと因縁をつけ、湖南市内の知人のアパートまで謝罪に来るように要求。同日午前3時半ごろ、アパートで土下座をして謝罪する店員の頭を蹴り、軽傷を負わせた疑い。

守山署によると、アルバイトの男は同店で「注文した品が足りない」と店員を殴ろうとし、その際につばが当たったと、店を出てから同店に電話したという。男の怒りを静めるために知人が土下座を促したという。

8日、滋賀県警守山署は「傷害」の疑いで同県湖南市岩根のアルバイト・関口智樹(25才)容疑者を逮捕しました。
警察の調べによると、関口容疑者は4月29日の午前3時半ごろ、同市内のファーストフード店で「注文したものが足りない」「殴らせろ」などと店員に激怒。
関口容疑者の知人が制止し、その場は収まったものの、帰宅後に店に電話をかけ、「店員の帽子のつばが俺の顔に当たった」 「謝罪しに来い」と要求。
自宅アパートを謝罪に訪れた店長と店員は土下座をしましたが、関口容疑者は頭を殴り、足で店員を蹴り上げ、全治2週間のケガを負わせたとのことです。

1