1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

お酒を飲まず、進行に徹していたゲストMCのハリセンボン・近藤春菜に、中居正広がお酒を飲ませようする。中居の説得に折れた近藤は「テキーラいっちゃいますか」とテキーラを注文。テキーラが入ったグラスが近藤に渡されると、古閑が「テキーラは1人頼んだら全員ですよ」と全員にテキーラを飲ませようとして、中居は頭を抱えた。

 また番組では、出演者が普段誰とお酒を飲むのかを話していく。ゴルフ仲間と飲むことが多い古閑だが、「最近の若いゴルファーはダメですね、あいつらは。『ご飯連れてってください、古閑先輩』って言われて、連れて行ったら『ごめんなさい、ケアがあるのでお酒はちょっと…』って感じで言われて」と身体のケアに気を配る若手ゴルファーが多くなったため、全然お酒に付き合ってくれなくなったと不満を口にした。

さらに、酔いが回ってきた番組中盤では、古閑が「アスリートは性欲=成績ですから」とアスリートの性欲について語る。中居に「人よりも性欲強いなって思う?」と質問され、古閑は「性欲は強いけど、淡白」と、聞かれたこと以上のかなり下品な回答をしてスタジオ内を驚愕させた。

 ネット上では、「人に迷惑かけてまで飲むのは間違えてる」「古閑美保みたいな下品な酒飲みは仲間にいない」「古閑美保とは飲みたくないな」と周囲にお酒を無理やり勧めたり、下ネタを話したりする古閑の飲み方を受け付けない人は多そうだ。

 番組を盛り上げたという点では、古閑は良いスパイスとして機能していた。だが、番組のために自身の好感度を下げる結果になってしまったため、古閑にとってプラスになったのかは疑問が残る。

男子ゴルフ『日本オープンゴルフ選手権』で、小平智選手(26)が優勝を果たした。優勝賞金の4千万円を獲得し、インタビューで「優勝はまず自分のためですが、一彼女として、家族やチームと同じように喜びを伝えられるのは嬉しい」と、喜びを表していた。ここで出てくる彼女とは、元プロゴルファーで女子の賞金王にも輝いたことがある、古閑美保(33)のことだ。この日、古閑は仕事で会場には来ていなかったが、小平は誰よりも先に報告したに違いない。
 その後も小平は「彼女は、自分からゴルフの話はしない。上を極めた人だから。しかも、彼女は僕が教えてもらうようなことを知らないで実践していたんだから凄い」と話し、そして優勝インタビューの最後には「なんだ、最後は美保の話で終わりですか?」と、苦笑いして会場を沸かせた。
 だが、大きなタイトルを獲得した彼の顔には、5年のシード権と来夏の全英オープンの出場権を得た喜び、そしてなんといっても同棲中の古閑との関係に、一歩先の報告が出来る幸せにも溢れていた。

女子プロゴルファーの古閑美保(32)が男子プロの小平智(25)と真剣交際していると、9日発売の女性自身(光文社)が報じている。

古閑美保から「銀座のママより遥か上」と称賛された。

 この日の放送では「何か鼻につく女の言動」をテーマにトークを展開。MCの明石家さんまから「鼻につく女の言動」について意見を求められた小林は何かを言いたげにニタニタ。そこにお笑いコンビ、クワバタオハラのくわばたりえが「みんなが思ってますよ。(鼻につく女は)アンタでしょって」とツッコんだ。

 小林は女友達と食事に行った際のエピソードとして、隣のテーブルが「ぶりっ子って嫌よね」という会話をしていた話を披露。さんまは「それはお前がいるからわざと言っているんだろ」と言われ、「私のことだったんですか」と無邪気に笑った。

1