1. まとめトップ

ダイエットの新事実!「鎖骨」を冷やすと脂肪燃焼して痩せるらしい!!

最近のハーバード大学の研究報告によると体の代謝を上げ、脂肪を燃やす褐色脂肪細胞は首の周りや鎖骨の周りに多いことが分かりました!褐色脂肪細胞は冷やすことによって活性化し、体の新陳代謝をアップしてくれるんです!

更新日: 2015年06月09日

69 お気に入り 37610 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「鎖骨」を冷やすと痩せる?!

@powapowapurin 風呂上がりに首周りと鎖骨を水を入れて凍らせたペットボトルで2~3分程冷やすと良い‥みたいな事を最近テレビ番組で見ましたよ~(^^)

@kamigakari03 大学になってからかなり肥えたからやばいんだよねー( ; ; ) そうなんだ〜〜、お風呂上がりに鎖骨とか首のあたりを2、3分くらい水入れて凍らせたペットボトルとかで冷やすと、代謝上がるらしいよ〜〜!Wでやったら完璧かも?(笑)

@yachinosuke1201 同士よ!ホントそれ!w 聞いた話によると入浴後に鎖骨の上辺りを氷で痛くて我慢できないくらいに(3分程度だったかな)冷やすと代謝が上がるとか…。試してないですけどこれからの時期にピッタリw どうなんでしょうね。

「鎖骨」に代謝アップの細胞が集まっている!

アーロン・サイペス医学博士が2009年に内分泌学会で発表したところによると、ほとんどの成人は、首の前面から胸にかけての部位に、ある程度の量の褐色脂肪細胞を有している。

最近のハーバード大学の研究報告によると体の代謝を上げ、脂肪を燃やす褐色脂肪細胞は首の周りや鎖骨の周りに多いことが分かりました。

褐色脂肪細胞は大人になると消えてしまうと考えられていたが、近年、その存在が確認された。

首まわり、鎖骨に褐色脂肪細胞が多いなんて知らなかった。ここを毎日2~3分冷やすと、代謝が良くなって美肌やダイエットにいいらしい。

代謝アップする事で脂肪が燃焼される!

褐色脂肪細胞はダイエットにとても重要です。なぜなら、「エネルギーを燃やす細胞」だからです。

褐色脂肪細胞は主に鎖骨付近や胸まわりに分布し、脂肪を燃焼し熱を産生する働きを担っています。

この褐色脂肪細胞の働きは、血流を促進し基礎代謝の向上にもつながります。

「鎖骨」の褐色脂肪細胞を冷やすことで代謝が上がる!

褐色脂肪細胞は冷やすことによって活性化し、体の新陳代謝をアップしてくれるんです!

脳に「寒い」という指令が行き渡り褐色脂肪細胞が活発化し、血流がよくなります。そして、全身に温かい血液が送られるため、体全体が活発化し、基礎代謝を高められるのです。

試してみよう!「鎖骨」の冷やし方

18℃以下で褐色脂肪細胞が活性化されると言われているので冷しすぎる必要はありません。

痩せるだけじゃない「シミ」も消える!?

1 2