1. まとめトップ

少女に叱られてブロック対応!?磯崎首相補佐官がツイッター上で失言騒動を繰り返す

礒崎陽輔首相補佐官がこのところ、ツイッター上で失言騒動を繰り広げている。9日には10代の少女に集団的自衛権をめぐる口論を繰り広げた挙句にブロック対応をしたことが話題になったほか、6日には「珍説」がネット上で物議になった。公人のネット原住民化が深刻だ

更新日: 2015年06月10日

gudachanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 14846 view
お気に入り追加

少女相手にムキになって応酬し、話題に

少女は集団的自衛権をめぐる磯崎補佐官の主張について問題点を次々指摘。磯崎補佐官は「是非あなたの高邁な理論を教えてください」などと、なかば感情的に反発し、最終的には少女のアカウントをブロックして逃げ切った

9日、内閣総理大臣補佐官の礒崎陽輔氏がTwitterで、Twitterユーザーの10代女性と集団的自衛権をめぐって議論となり、相手をブロックする事態が発生した

ふたりは「火事には攻撃してくる敵がいない。戦争は殺し合い。それに少しでも加担すれば危険なのわかるよね?」「個別的自衛権は、我が国が直接武力攻撃を受けないと、行使できません」などと、時折厳しい言葉を交えながら、集団的自衛権に関する議論を交わした

女性は「逃亡。情けない補佐官だなぁ」とのコメントとともに、自身が礒崎氏からブロックを受けたことを示すキャプチャ画像を掲載

3日前には珍説を投稿して大炎上したばかり

磯崎補佐官のツイッターをめぐっては、6日に「珍説」を繰り広げたことで大炎上をしたばかりだ

アフガン戦争時のインド洋上の給油措置を「参戦」であるとの認識を明言してしまいました。もちろん本当に「参戦」であれば間違いなく憲法違反です。
そして礒崎補佐官はこれまで行われてきた特別措置法による「後方支援」と今後の集団的自衛権の行使を容認する「戦争法案」による「後方支援」を混同しています。

また、国連安全保障理事会の決議に基づく集団安全保障措置は戦争ではなく国際貢献であり、戦争ではないとのアクロバティックな理論を唱え始めます。なお、先に例示したアフガン戦争は集団安全保障措置ではなくアメリカ合衆国の集団的自衛権の発動であるという指摘に対して礒崎補佐官は応えていません。

その流れの中で、驚くべきことに湾岸戦争までもを「もちろん『戦争』ではありません」と断言してしまいました。これは政府見解とも真っ向から対立する珍説。しかもその湾岸戦争においてクウェートやイラクが行ったことは「戦争だった」とするなど、もはや何を言っているのか分からない状態に。

挙句の果てには湾岸戦争を「戦争」だとする人とは基本的見解が違うと開き直る始末。自民党内ですらどれだけ基本的見解を同じくする人がいるのか、ある意味見ものです。

首相が保守速報をシェア!?政界の「ネット原住民化」が深刻に

安倍内閣とネットの問題をめぐっては、安倍首相がFacebook上で粗悪まとめサイト「保守速報」をシェア(その後削除)したことが騒動になったこともある。ネット原住民文化圏に政権が侵されるということは諸外国では絶対に許されないことだ

与党の国会議員にはツイッター上のアカウントでネットユーザと論争を繰り広げたことのある人が少なくない。柴山昌彦前総務副大臣も数か月前に、人権問題をめぐって考えの対立するネットユーザと論争を展開。例によって煽り煽られの事態に

公職者と少女がツイッター上で言い争いになったのは実は今回が初めてではない。同じ自民党の小野寺まさる北海道議(当時)が去年、女子学生のアカウントにリプライを飛ばし、「勝手に知らん人にリプ送られとるげんけどなにこれ」とドン引きされたこともある

女子高校生時代にはネット右翼らを論破している

ちなみに磯崎首相補佐官と論争を展開した少女は高校生だった際に「誇り高きネトウヨ」らに対し、ヘイトスピーチの問題点を指摘する論戦を展開。なおセンター試験直前だったという

1





gudachanさん