1. まとめトップ

中高年に大人気!? スロートラベルのススメ

リニアモーターカー路線の着工や新しい新幹線路線の誕生などで、日本中どこでも素早く移動することが可能となりましたが、こんな時代だからこそ、敢えてゆっくりと移動を楽しむ『スロートラベル』を提案したいと思います。

更新日: 2016年09月22日

0 お気に入り 1234 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

3takuさん

◆最近リニアモーターカーなどが開発されていますが・・・

完成後は東京(品川駅) - 名古屋駅間を最速で40分で結ぶ予定。

東京名古屋間が40分で繋がると、日帰り出張どころか午前中で仕事をこなして帰社し午後からまた仕事みたいな忙しない世の中になりそうです。

◆こんな時代だからこそ、スロートラベルのすすめ

ここ数年、スローライフ的な価値観に世の中がシフトしていく気配をひしひしと感じているのですが、そんな中、旅行業界でも「スロートラベル」というキーワードが注目を集めているそうです。

スローライフという言葉は既に市民権を得ていると思います。

移動そのものを楽しむスローな旅

スロートラベルは移動そのものを楽しむことがコンセプトです。

◆スロートラベルの王道、寝台列車を楽しもう!!

列車の旅は、のんびり車窓の景色と時間を楽しむ、贅沢な旅のかたちとして根強い人気があります。

ゆっくりした旅の王道といえば、寝台列車がまず浮かびます。

サンライズ出雲は、東京と出雲を結ぶ人気寝台特急です。

寝台特急としてとても有名なカシオペア号の豪華な客室!

◆しかし寝台特急は廃線が続いている・・・

JR西日本は5月28日、1989年から運行を続けてきた寝台特急「トワイライトエクスプレス」(大阪-札幌駅間)を2015年春に運行を終了することを明らかにした。

大阪と札幌を結んだトワイライトエクスプレスは3月12日が最終便となりました。

かねてから廃止のうわさが絶えなかった「北斗星」(上野―札幌間)は、3月で定期列車としては廃止となることが決定した。

上野と札幌を結んだ北斗星は結局今年の8月で廃止だそうです。

◆実は高速バスでもスロートラベルが楽しめる!!

贅沢にスペースを利用した2列シートが登場!個室にいながら移動するという、今までの高速バスでは経験したことのない優雅なくつろぎの時間をお楽しみいただけます

高速バスといえば低価格が特徴でしたが、最近は高級化が図られ個室なども用意されています。

東京と名古屋間を結ぶドリーム名古屋号には、豪華なプレミアムシートも用意されています。

◆自由気ままな旅を満喫! 軽キャンパーでスロートラベルを楽しもう!!

キャンピングカー市場は、2013年に約300億円を突破。前年比では約10%、2011年と比較すればおよそ90億円も拡大するほどの成長を続けている。その支えとなっているのが、スズキ「エブリィ」やホンダ「バモス」などの軽自動車をベースに改造した“軽キャン”だという。

自分で運転するキャンピングカーなら自由気ままなスロートラベルを楽しめます。
更に軽キャンパーなら維持費も格安です!!

◆陸だけではない!フェリーでもスロートラベルが楽しめる!!

ゆっくりと船旅で北海道へ行ってみたいという方にもお勧めしたくなるほど、フェリーは豪華でゆったりと船旅を楽しむことができます。

フェリーの旅は、天候にさえ恵まれれば快適で壮大な景色を眺めることができます。

フェリーですと車やバイクを運ぶことも可能です。

列車やバスと違ってスペースに余裕があるフェリーでは、部屋以外のスペースも広くとてもゆったりと旅を楽しめるようです。

◆東京⇔北海道の移動時間を比べてみる

新千歳空港へは東京国際空港(羽田)から約90分

飛行機だと東京北海道間はたったの90分!
これでは移動を楽しむことはできません。

2016年の新函館北斗開業時の段階では、東京 - 新函館北斗間を最短で4時間10分程度で結ぶことを目指している

来年開業予定の北海道新幹線を利用すれば、東京から函館まで4時間程で到着します。
これでは、何をするにも中途半端な時間ですね。

▼関連記事

1 2