1. まとめトップ

現代人に非常に多い【デスクワーク症候群】座りっぱなしの影響とは!?

現代社会では座りっぱなしで日々を送る社会人がとっても多く、その影響は将来になって強く表れることになります。今すぐどうこうという訳ではないかもしれないけど、いつ起こっても不思議じゃありません。むしろ、今すでにその影響は表れ始めているのかも!?

更新日: 2015年06月10日

kaotoopcodeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
18 お気に入り 1452 view
お気に入り追加

デスクワークで座りっぱなしの影響と対策

座りっぱなし症候群という言葉を耳にしたことはありませんか?これはエコノミー症候群ともいわれるものですが、とくにデスクワークを仕事としている女性に多くみられる症状です。

さらにこの座っりぱなし諸遺構群というのは一日に長い間座っていることによって、体に不調がでてきます。その症状というのが、多くの人が悩まされている肩こりや、下半身のむくみなどです。

同じ体勢で過ごすことにより、静脈に血栓ができてしまい流れ出る血液が肺の血管に詰まってしまいます。ですから処置が遅い場合など、死に至ってしまう場合もあり、恐ろしい病気の一つなのです。

尚、不調を抱えこんだまま仕事を行うことにより、会社自体にも影響がないとは限りません。ですから会社単位でこの症状をおこさないために努めている会社もあります。

なぜ痔になるのだろうか。
そもそも、犬や猫には痔はない、という。それは、人が直立歩行をする動物であるからだとも言われている。犬や猫は心臓と肛門が同じ高さにあり、それほど肛門付近の血管に圧力がかからないが、人は心臓が高い位置にあるため、肛門付近の血管がうっ血し、肛門に負担をかけているのだ。
その他、こんなことが原因だとか。

● 便秘でいつも硬い便をいきんでしている。また、下痢症の人も痔になる
●アルコール、たばこ、辛いものが好き
●長時間同じ姿勢を続ける(座りっぱなし、立ちっぱなし)
●妊娠、出産
●遺伝的な要素

これらはイボ痔ができやすい原因だが、とくに排便のリズムが崩れると、キレ痔にもなる。さらに、下痢などの場合、肛門の肛門腺窩というポケットに便が入り込んで化膿し、アナ痔になりやすいのだ。
便秘も下痢も痔には要注意だ!

乳がんのリスクは高まる

 21の研究のデータに基づいて調べた結果、座りがちな生活が乳がんのリスクをやや高めると分かった。

 複数の条件で調整すると、危険度は8%高まるというもの。

 中でも仕事で座りがちである場合に、危険度は10%高まっていると分かり、統計学的に意味のある差であると判明した。

仕事で座りっぱなしである場合の影響が強いと見られる。

複数の研究の間で結果の偏りもなかった。
座りっぱなしであると思い当たるとしたら、気を付けたい。

あなたは1日に6時間以上、オフィスのイスや家のソファに座りっぱなしですか? そうであれば、心臓病の危険性が64%以上高まり、寿命が7年縮まるそうです。また、がんになる危険性も上がります。

簡単に言うと、座ることで命が短くなるのです。怖いですね。けれども、どんなになまけものな人でもできる対策があります。

子どものころから座ってばかりいるとダメだと言われてきましたよね。なぜでしょう? 私たちの体は1日中座るようにできていないからです。エクササイズをしている人でも、1日中座っていると体に悪いのです。中には1日15時間以上座り続けている人もいます。起きている間、オフィスのイス、ソファ、あるいは車の座席で大半を過ごしているようです。

1日中座ることによる弊害を和らげるのは難しくありません。

(CNN) 長時間のデスクワークや車の運転など座っている時間が長い生活を続けると、心血管系の疾患や糖尿病などを発症するリスクが高まり、寿命が縮まる可能性がある――。そんな調査結果がこのほど米内科学会誌に発表された。

運動量を増やせばリスクは低くなるものの、座りっぱなしの生活の影響は、運動した場合のメリットを上回ると指摘している。

研究チームは座る時間を減らすための対策として、まず自分が1日何時間くらい座っているかを認識し、その時間を徐々に減らすために週ごとの目標を定めることを提言している。

デスクワークの場合は立ったまま仕事をしたり、30分ごとに1~3分、立ち上がって歩き回るのもいいかもしれない。

長時間のデスクワークや車の運転など座っている時間が長い生活を続けると、心血管系の疾患や糖尿病などを発症するリスクが高まり、寿命が縮まる可能性がある――。
 そんな調査結果がこのほど米内科学会誌に発表された。

カナダ・トロントの研究チームは、座る時間が長い生活スタイルについて調べた47の調査結果について分析した。
 その結果、座る時間が長いと心血管系の疾患やがん、2型糖尿病などの慢性疾患を発症して死に至る確率が高まることが分かった。

 特に1日当たり8~12時間以上座っていると、2型糖尿病を発症するリスクは90%高くなるという。

>デスクワークの場合は立ったまま仕事をしたり、30分ごとに1~3分、立ち上がって歩き回るのもいいかもしれない。

そんなことしてたらうちの会社は首になります

座りっぱなしの弊害は喫煙に匹敵する

1





kaotoopcodeさん