1. まとめトップ

ギョサンを履いて夏を満喫!嵐の大野智さんも愛用ビーチサンダルの各種形状・性能・履き心地の比較まとめ

履き心地が良く、丈夫で長持ちし、滑りにくいビーチサンダルといえばギョサン!ネットショッピング上で販売店も徐々に増えているので、誰でも簡単に購入できるようになりました。でもいろいろ形があってどれを選べばいいのか分からない方も多いと思います。そこで特徴や性能など、分かりやすく比較していきたいと思います。

更新日: 2015年06月11日

9 お気に入り 30959 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Loki14さん

ギョサンとは?

ギョサンは、正確には「漁業従事者用サンダル」「漁業用サンダル」などという名前が略されて呼ばれるようになったんだそうです。
小笠原諸島がアメリカから日本に返還された1968年頃から漁師の方々の間で普及し始め、その後島内の一般住民も日常的に履くようになって、ギョサンという愛称で親しまれるようになったんだとか。
アイドルグループ・嵐の大野智さんが普段から愛用していて、テレビ番組の企画で着用し、そこから爆発的に人気に火が付いたんだそうです。

ギョサンを取り扱っているお店一覧

他にもアマゾンや楽天、Yahooショッピングなどでも手に入ります。
ギフト券やポイントも使えるので、別に欲しい商品もまとめて注文したい方は、それらのサイトで購入するのもいいかもしれません。

ギョサンの種類

鼻緒が1本のタイプは主にメンズ用で、一般的に「カリプソ」などと呼ばれています。
基本的な形のサンダルですね。
私が愛用しているのは、こちらのブラックの3Lサイズです。

鼻緒が3本のタイプはメンズ・レディース用があり、「クリアラメ」「メタリック」「蛍光色」「夜光色」など種類が最も豊富にラインナップされています。
女性が履くと、とてもおしゃれですよね。

病院やトイレなどにありそうなギョサンですが、その履き心地は素晴らしいそうです。
「VIC・カリプソ」と呼ばれることもあります。
私はまだ履いたことはありません。

他にも「ホヌギョサン」、「ベンハーギョサン」、「○良(マルリョウ)ギョサン」など珍しいものもあります。
カラーバリエーションは非常に豊富ですし、自分にぴったりの逸品がきっと見つかると思います。

ギョサンについての豆知識

ギョサンについての豆知識をいくつか簡単にまとめてみました。

1.ギョサンのソールの違い

「1本鼻緒」のソールにはギザギザが刻まれていて、地面をしっかりグリップしてくれます。
「3本鼻緒」のソールももちろんグリップ力はありますが、少し幅が広く小石などが挟まる可能性があります。

2.ギョサンには水に浮くものと浮かないものがある

ギョサンには、カラーによって水に浮かないものがあるそうです。
水に浮くものは通常カラーのもので、「蛍光カラーシリーズ」「クリアラメシリーズ」「メタルカラーシリーズ」などは水に浮かないそうです。

3.足の親指と人差し指の間が痛い時は

足の親指と人差し指の間にある鼻緒の部分に、ドライヤーで熱風を当ててみましょう。
ギョサンは熱するとある程度柔らかくなるため、この状態で少し履いて歩いてみてください。
こうすることで擦れて痛い思いをすることがなくなり、足の指がギョサンに馴染みます。

ギョサンのいいところ

ギョサンのいいところといえば、「丈夫」で「安い」、そして「滑りにくい」ことが挙げられます。
他のビーチサンダルと比較しても、その丈夫さには驚かされます。
実際私自身も初めて購入したギョサンは5年以上も普通に履いていますし、いまだに壊れる気配がありません。
またギョサン自体の値段は数百円程度ですし、ネットショッピングだと送料と合わせても1,500円以内、安いショップでは1,200円以内ほどで購入することができます。
しかも普通のビーチサンダルと比べて滑りにくいため、雨の日や濡れた場所でもかなり安心感があります。
そして何より大切な部分が、「国産(MADE in JAPAN)」製品であることです。
最近安価な外国製のビーチサンダルが多い中、「日本製」という信頼・安心感は非常に大きいと思います。

ギョサンとクロックスを比較してみると

ギョサンと一般的なクロックスの値段を比較してみると、大体2~4倍の開きがあります。
クロックスを1足買うなら、ギョサンの違うカラーを2、3足買うというのもアリですね。
もちろん履き心地はそれぞれいい部分がありますし、クロックスの素材や軽さ、機能性などは、さすが売れているだけのことはあります。
なので両方買うという選択肢も、もちろんお勧めできます。
その辺はお好みで。

おわりに

私がギョサンを履き始めたきっかけは、以前履いていたサンダルの鼻緒部分が、ちょっと転びかけただけであっさり切れてしまった時です。
そのサンダルは結構高かったんですが、どうせ次履くなら「安くて丈夫で転びにくいものを」と決めて探し、このギョサンにたどり着きました。
おかげで普段使いをしているだけですが、5年以上も履き続けられているので、お得にいい買い物ができたと自負しています。
みなさんも長く履き続けられるように、またギョサンを履いて夏を大いに楽しむために、ぜひ一足手に入れてみてはいかがでしょうか。

1