二〇〇五年八月末、アメリカ南東部を襲ったハリケーン・カトリーナは死者一八三六名、被害総額一〇八〇億ドルにも上る甚大な被害を与えたが、その中でも特に大きな被害を出したのが、死者一五七七名、総死者数の八割強にも上るルイジアナ州、その最大の都市ニューオーリンズだった。

出典ハリケーン・カトリーナは何故これほどの惨状をもたらしたのか? | Kousyoublog

日本ほどの亡くなった人は少ないですが、被害はとてつもないようです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

世界の『台風』について

世界の台風対策、最強の台風などについてまとめました。

このまとめを見る