私たちのスケジュールが、最重要な行動で埋まっていたとしても、「やらねばならない」という義務感でスケジュールを消化していたら、「時間の奴隷」になっているのかもしれません。

出典時間に追われる身から「時間の主人」に

仕事や家事などは、「義務」と感じるものが多いのが現実だと思います。それらのタスクに対して、少しでも主体的に取り組むことができれば、「追われている」という感覚も薄れていくかもしれません。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

マルチタスクを目指さない!いつも“何か”に追われている人へ

「あれもやらなきゃ」「これもやらなきゃ」仕事、家事、育児、ダイエット、勉強…などなど、やらなければならないことは無限にあるのに、焦るばかりで一向に片づかない…。片づかないばかりか、いつも何かに追われているような気がしてしまい、気持ちが休まらない。そんな時は、考え方を変えてみませんか?

このまとめを見る