1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

zizi813さん

・鹿の湯(栃木県の名湯・万人向け)

温泉発見において日本で32番目に古く、栃木県では塩原、日光を抑えて最古、同じ関東の熱海、修繕寺、草津、伊香保らとともに、古い歴史を持つ日本の名湯として全国にその名を知られています。

温泉神社を通過する辺りから本格的な硫黄泉のにおいが漂ってきます。明治時代に建設された趣のある施設で味わう本物の温泉です。温泉(硫黄)のにおいが服にうつりやすいので、神経質な方は着替えのご持参をおすすめします。

浸かって休むを繰り返す時間湯

41、42、43、44、46、48度(女湯には48度がない)の6種類の浴槽から好きな温度を選んで入浴します。鹿の湯(元湯)には、時間湯という独特の入浴法があります。かぶり湯(のぼせ、吐気の防止。頭痛・肩こり・首のこりに適応)など、温泉効果を高める入浴方法があるので、ホームページをチェックされてからのお立ち寄りがおすすめです。

【平 日】大人:400円 小人:300円
【休祭日】大人:500円 小人:300円
タオル料金:400円
※石鹸、シャンプーの使用は禁止です。

【営業時間】8:00~18:00(最終受付 PM5:30)

・大丸温泉旅館(日本秘湯を守る会・万人向け)

茶臼岳を水源とする白戸川の流れそのものが温泉となっており、これをせき止めて作った大露天風呂「川の湯」は、大自然に囲まれた川の露天風呂という独特の風情で、温泉ファンに人気の高い温泉です。

那須温泉の最奥地、標高1.300mの所にある山間の渓谷に佇む名湯です。那須七湯のひとつであり、日本秘湯を守る会の会員宿でもあります。内湯が、桜の湯(女湯)、笹の湯(男湯)。魅力の大露天(川の湯)は、白樺の湯(混浴)、あじさいの湯(混浴)、あざみの湯(混浴)、山ゆりの湯(女湯)石楠花の湯(女湯)に別れています。露天風呂(女湯)へ続く小道(階段部分)には温泉が流れていて、清潔感があります。飲泉は浴場から出た休憩処にあります。貸し切り有り。野趣あふれる天然温泉が魅力です。日帰りの入浴時間は11:30〜14:30と短く、不定休なのでホームページで営業日を確認してからのお立ち寄りをおすすめします。

メタケイ酸が多く含まれ、美肌効果があります。歴代館主が200年以上前から守り続けてきた湯の恵み。当源泉は那須御用邸にて引湯されており、 その成分はメタケイ酸を多く含有し保湿成分が高く古くから美人の湯と云われております。 また、疲労回復、リューマチ、神経痛、冷え性のほか美肌効果があり、 飲泉(館内飲泉にて)することにより胃腸病にも効果があります。

【平 日】大人 1000円 小人 700円
【休祭日】大人 1000円 小人 700円
タオル料金:込み(※貸バスタオル 200円)

【営業時間】11:30~14:30(不定休)

松川屋(万人向け)

開湯1380年以上の歴史を持つ鹿の湯と大丸温泉のさらに上から引湯する奥の沢源泉の2種類の温泉を引湯しています。すべての浴槽がかけ流し。無加熱・無加水・無循環、薬品無添加、自然のままの温泉が楽しめます。硫黄泉かけ流しで殺菌力も高いため塩素薬剤等も使用していません。

那須温泉街を見下ろす開放的な露天風呂と、源泉「鹿の湯」と源泉「奥の沢」から引湯した2種類のかけ流しを堪能出来る贅沢な温泉です。効能が高い泉質を広々とした内湯でゆっくり味わえます。脱衣所も広々。日帰り入浴は14時からです。※日帰り入浴は男女合わせて先着1日100名。貸し切り風呂有り。

【平 日】大人 小人:1200円
【休祭日】大人 小人:1500円
タオル料金:込み※貸バスタオル600円

【営業時間】14:00~20:00 ※個室予約制

こころのおやど自在荘(万人向け)

当館の温泉は、那須御用邸にも引湯されている『地蔵の湯』を使用しています。
無色透明でお肌に優しい泉質は、美人の湯として女性のお客様にも大変喜んでいただいております。こちらの露天風呂には、ジャグジーや半身浴・ミストサウナも併設しております。那須高原の清涼感あふれる空気と、時の移ろいと共に変化していく源泉掛け流しのお風呂を心ゆくまでお愉しみください。

無色透明のさらりとしたお湯は特徴的ではありませんが、ジャグジー付きの露天風呂(壁に2種類のスイッチがあります)、ミストサウナ(ジャクジーとミストサウナは男湯女湯入れ替え制なのでどちらかになります)やマッサージチェアも無料で使用出来るので、重い温泉は湯疲れしてしまう方におすすめです。露天風呂で川のせせらぎを聴きながら那須の自然を堪能出来ます。お得な温泉入浴付き日帰り昼食プランは地元の方にも人気です。

【平日】大人700円 小人500円
【祝日】大人700円 小人500円(要確認)
【営業時間】14:00~20:00

温泉入浴付き昼食プラン 
【営業時間】11:00~14:00
旬の味覚が詰まった和膳 花籠膳 1620円(税込)〜
小鉢、茶わん蒸し、お造り、焼物、揚物、お椀、水菓子

はなやホテル 小鹿の湯(ややマニア向け)

木の温もりを肌で感じながら、身体も心もふんわり解きほぐされます。

「鹿の湯」の日帰り入浴時間を逃した方、必見です。那須湯本温泉、源泉「鹿の湯」から引湯した天然温泉かけ流し。内湯が“あつめ”と“ぬるめ”の2つ、露天(19時まで)が1つです。※露天は風景が見える作りではありません。こじんまりしていますが、源泉に近く木の香り漂う湯船でゆっくりと鹿の湯を堪能できます。こちらは鹿の湯と同料金で、遅い時間(21時)まで日帰り入浴が出来ることから地元の方にもとても人気です。宿泊者にご迷惑がかからないようお静かに入浴されて下さい。

【平 日】大人:400円
【休祭日】大人:500円
タオル料金:200円(※貸バスタオル 200円)

【営業時間】9:00~21:00(露天風呂は、9:00~19:00)

・高雄温泉 おおるり山荘(ややマニア向け)

湯本温泉神社近くの山頂付近にある温泉です。「お行の湯」として神聖視され、長い間浴用とされませんでした。付近には湯貝と呼ばれる巻貝が生息するらしいです。

那須七湯の1つである高雄温泉。ややワイルドさがある露天風呂ではありますが、標高1200mから見下ろす絶景と湯の花豊富な白濁したお湯が魅力の温泉です。露天風呂のお湯はぬるめですがゆっくりと浸かれます。湯量の多い内湯ではしっかりと浸かることが出来ます。館内の内湯の外にも露天風呂があります。お得なフェイスタオル込みの料金。

【平 日】大人:500円
【休祭日】大人:500円
フェイスタオル・歯ブラシ付

【営業時間】10:00~19:00

1 2