1. まとめトップ

「大好きな飼い主さんに意地悪な人は信用デキマセン!」京大が発表、犬の気持ちの研究結果が興味深い

京都大学の藤田和生教授のグループが、「犬は飼い主に非協力的な人から餌をもらうのを避ける行動を取る」との実験結果を発表しました。

更新日: 2016年06月27日

3 お気に入り 2216 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

犬は飼い主に意地悪した人にはなつかない?!

犬は飼い主に意地悪した人にはなつかない――。
 京都大の研究グループは11日、実験結果からこんな傾向が明らかになったと発表した。「犬の感情を探るヒントになる」としている。

出典6月12日読売新聞朝刊

実験方法と結果

54組を
(1)応答者の協力で飼い主がふたを開ける
(2)応答者が協力を拒否しふたが開かない
(3)飼い主は助けを求めず、応答者は顔を背ける
―の3グループに分けた。

① 真ん中に飼い主が座り、
  箱のふたが開かず困ったふりをして見せる。

② 両脇にいる人の一方に
  箱の蓋を開けてほしいと協力を求める

③ 頼まれた人は横を向いて依頼を拒否する

 ※ 以上をしっかり犬に見せながら行う

③ その後、両側の人が同時に犬に餌を差し出す

    ⇩   ⇩   ⇩

犬たちはどちらの人が差し出した餌を食べたでしょう?

一連の流れを4回繰り返したところ…

出典6月12日読売新聞朝刊

「応答者が協力を拒否した場合」だけ、
犬が応答者を避けて中立者を選ぶ傾向が
顕著に現れたそうです。

「応答者が協力を拒否した場合」だけ、犬が応答者を避けて中立者を選ぶ傾向が顕著に現れた。

◎ 2匹が飼い主を助けなかった人の
  差し出した餌を一貫して選ばなかった。


◎ 9匹は助けなかった人を3回避けた。


◎ 4回とも助けなかった人から食べた子も
  1匹いたそうです…
 (なんかこの子はこの子で笑える^^;)

藤田教授は
 「犬は自らの損得に影響がない時でも、
  飼い主との関係で人を評価することがうかがえる。
  喜びや怒りという単純な感情ではない、
  複雑な心の動きが備わっているのではないか」
 と話している。

出典6月12日読売新聞朝刊

一方、1人が飼い主から容器を受け取って協力する様子を見せる実験では、飼い主に協力的な人を好む傾向は特に確認できなかったということです。

藤田教授は、「犬は飼い主への態度を読み取って、特に『嫌い』という感情を大きく働かせていることがうかがえる。犬の感情を知る手がかりになるのではないか」と話しています。

(NHK 関西 NEWS WEBより)

この記事を読みながら、なぜ犬は飼い主に非協力的な人を嫌うのか、考えてみました。

きっとそれは「危険を察知する能力」の一つではないでしょうか。

人間含めすべての生物には防衛本能が備わっています。
野生動物なども、遠くにいる敵の存在に気づき、サッと逃げ出したりしますよね。
これと一緒だと思います。

飼い主に非協力的ということは、自分にも危害を与える可能性があるということ。
人だけでなく犬にも嫌われないよう、誰にでも親切にすることは大事だな、と思った本日の日経新聞でした。

予想としてはやればやるほど判別不能な結果になりそう(笑)

でも意外な結果が出たりして!
ちょっと楽しみですね。

その時はまたご報告します♪

たぶん猫にはあてはまりませんね。@nhk_kabun: 【犬は飼い主に不親切な人が嫌い?】人に飼われている犬は、飼い主に対し不親切な人を嫌う傾向があることが分かったと、京都大学の研究グループが発表しました。犬の感情を知る手がかり nhk.jp/N4Jh4F29

何が凄いかって人間同士の関係を犬がちゃんと理解しているってとこ > 飼い主に意地悪、犬も嫌う=利害なくても感情的に? ―京大(時事通信) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150611-…

京大の実験で犬は飼い主に不親切な人を嫌う傾向にある…てことが判明したんだって。犬は群れ社会で生きてるから、自分のリーダーに不親切な奴に懐かないのは当たり前じゃね?て思うが、それを立証するにはこの手の実験が必要なのかな。

おまけ

画像は長崎バイオパークの
「シゲちゃん」と「フサオくん」です♪

とっても表情豊か!!














Posted by やすじ Category : 動物のおはなし

1