1. まとめトップ

夏休みに車の運転免許を取ろうと考えている大学生は多いのではないでしょうか?
今回は、車の免許取得について色々紹介します!

免許を取るにはまとまった時間が必要となってきます。免許を取っておけば、行動範囲が広がります!また、就職してからは難しいので、1年や2年のうちに取っておいたほうがあとから楽かも。

通学免許?それとも合宿免許?

免許の取得方法として、通学免許と、合宿免許が主な方法となってきます。
大きな違いは、時間と金額!
それぞれのメリットについてまとめてみます。

通学免許のメリット

通学免許では、自宅から自動車学校に通う形となります。
取得にかかる期間はというと、約1ヵ月~1ヵ月ほど。
金額はおよそ30万円です。
通学免許のメリットは当たり前ですがやはり、自宅から
通えることです。大学に入り下宿していた大学生も夏休
みの間は帰省して、くつろぎたいのではないでしょうか?
通学免許の取得ではそれが叶います。

合宿免許のメリット

合宿免許では合宿所に通いながら免許の取得をします。
期間は約2週間ほど。
金額は約20万円前後となってきます。
プランによって、食事つき、温泉有りなど変わってきます。
合宿免許のメリットは、やはり短期間でとれること、そして金額にあります。
時間割が1日を通じてつくれているので集中して短期間でとることができます。
また、地元以外の県に合宿しに行くことでその地域の文化に触れられることです。

MTとATって何が違うの?

運転免許の取得に当たってMT(マニュアル)かAT(オートマチック)のどちらを取るのか決める必要があります。

まず、MTについて説明します。MTでは自分でギアを変えながら運転できます。
自分の運転したい速度に合わせてギアを変える必要があります。ちなみにMTを取ると自動的にATも運転可能です。ATよりも難しいですが、慣れると、とっても楽しいです!

次にATについて説明します。ATは車が自動的にギアをチェンジしてくれる車に乗ることができるようになります。ちなみに、現在、日本で売られている車のほとんどがATです。ATと比べ、とても簡単に乗ることができます。ATを取った後でも必要となれば「AT限定解除」を自動車学校に行って申し込めば、MTも後から取得することもできます。

真剣に考える!

運転免許には大きなお金が必要となってきます。親や自分の財布と相談して、時間をかけて考えましょう!

1





K-masaさん

大学生で19歳です。