1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

majo74さん

大好評放送中!名探偵コナン「緋色シリーズ」
殺害されたはずのFBI捜査官・赤井秀一をめぐる黒の組織の一員・バーボンとFBIの探り合い。
緋色シリーズでのバーボンに違和感を感じませんか?
その答えは「目」
今までの安室透と今回のバーボンでは目の描き方が変わっているんです!

このときの安室の目はコナンと同じ目をしている

「緋色の序章」の冒頭シーン
原作ではここまでが一区切りだったため、コナンと同じ目で描かれている。

ベルモットと話すシーン。
ここから目の描き方が変わっている。

緋色シリーズはずっとこの目で統一されている。
ちなみにこの目はFBIや赤井と同じ目。

アニメではコナン型の目で統一されていたが、実は原作では「組織の一員・バーボン」としての表情と「安室透」の表情に違いがあったため、まとめてみました。

安室の目=初登場の目(コナンと同じ)
バーボンの目=緋色シリーズの目(FBIと同じ目)
という表記を用います。

安室透(=バーボン)登場巻

75巻「ウェディングイヴ」(アニメ667-668話)
76巻「探偵たちの夜想曲」(アニメ671−674話)
76-77巻「命を賭けた恋愛中継(中継開始・現場突入)」(アニメ681・683話)
77巻「灰原の秘密に迫る影」(アニメ699−700話)
78巻「漆黒の特急」(アニメ701−704話)
78巻「密室にいるコナン」「謎解きするバーボン」(アニメ705-706話)
80巻「甘く冷たい宅配便(後編)」(アニメ723話)
80-81巻「ジョディの追憶とお花見の罠」(アニメ734話)
81巻「小五郎はBARにいる(後編)」(アニメ739話)
82巻「招き三毛猫の事件(前編)」(アニメ752話)
84巻「ギスギスしたお茶会」(アニメ770−771話)
84-85巻「緋色シリーズ」(アニメ779-783話)

「ウェディングイヴ」

最初は反射したメガネをつけていたため、判断できないが
メガネを取ったときは安室の目をしている

「探偵たちの夜想曲」

事件の捜査ではずっと安室の目。
スーツケースに入った遺体を発見した際、バーボンの目になっているが、蘭もバーボンの目になっていたので、ここでは驚いた目をしていると判断しました。

誘拐されたコナンを救うために犯人の車を追う安室と沖矢

車内から体を乗り出す沖矢を見る安室の目がバーボンの目になっている

沖矢の姿を見てか、考え込む安室の目がバーボンの目になっている

この時の安室もバーボンの目になっている。

「命を賭けた恋愛中継」

最初と最後に安室が登場するが、どちらも安室の目をしている

「灰原の秘密に迫る影」

考え込む安室はバーボンの目になっている

パソコンに探偵団たちから送られてくる写真を見るために侵入した。
安室はバーボンの目になっている。

「漆黒の特急」

ベルツリー号乗車後、蘭たちに遭遇した際は安室の目になっていた。
事件を解決するときも安室の目だった。

バーボンの目になっている。
おそらくベルモットにメールを送信?

自らをバーボンと名乗り、バーボンの目をする。

貨物車へシェリーを誘導し、追いつめるときもバーボンの目だった。

「密室にいるコナン」「謎解きするバーボン」

バーボンの目になっている。

コナンの頭にラケットがあたるところまでバーボンの目になっている

ここでもバーボンの目になっている

冒頭〜遺体発見まではバーボンの目だった。
(きちんと目が描かれているシーンが少ないため、安室の目になったかは不明)
遺体発見後から推理し解決するところまでは安室の目。
コナンの麻酔銃を覗き込むシーンも安室の目だった。

一人になった安室はベルモットと通話をする
そこでの目はバーボンだった。

「甘く冷たい宅配便」

1 2