1. まとめトップ

知ってる???『うな重』と『うな丼』の違い!

良質なウナギを使っているのが「鰻重」で、やや肉質が落ちるのが「鰻丼」??? いやいや、良い部位を使っているのが「うな重」で、それ以外の部位を使うのが「うな丼」?それとも、錦糸卵が乗っているのが「うな丼」で、乗ってないのが「うな重」?などなど、世間でしばしば問題になる『うな重』と『うな丼』の違いって?

更新日: 2019年01月02日

5 お気に入り 358729 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

茶だんごさん

▼うな重とは?

鰻重(うなじゅう,うな重)とは、重箱の中に飯を入れ鰻の蒲焼を載せ、上から蒲焼のタレをかけた日本料理の一つ。

▼うな丼とは?

鰻丼(うなどん、うなぎどんぶり)は、丼に入れた御飯の上に鰻の蒲焼を乗せた日本の丼物で江戸の郷土料理とされる日本料理の一つ。

▼一般的に、うな丼に比べ、うな重の価格設定は高め?

▼ネット上には、こんなやり取りも

質問

お重に入っているか、どんぶりに入っているかの違いだけなのに、なぜうな重のほうが値段が高いのですか?

回答1

うなぎの量がちがう。うなぎの質がちがう。同じ店で食べ比べをしてみると、その違いがよく分かります。

回答2

お店よっても違いますが、大体3つの理由が考えられます。
(1) 天然・養殖の違い
(2) 量の違い うな丼の場合の鰻は、ご飯の表面にしか乗っていませんが、うな重の場合には、ご飯とご飯の間に一切れ挟んでいる事もあります。
(3) 鰻の部位の違い 例えば、一匹の鰻を焼き上げて3カットすると、
・頭に近い部分 (身が薄くて小骨が多い)
・胴体部分 (身が厚くて幅も広い)
・尻尾に近い部分 (身が薄くて幅が狭い) に分かれます。
うな重には「胴体部分」を優先的に使う為に、値段の格差が発生するのです。
ご参考までに。

やっぱり、この部分がいいですよね

回答3

うなぎやでバイトしてたことがあります。その時お客様にうなぎの量について聞かれましたが、うな重のほうがうなぎの量が多いんですよ。実は・・・。なので値段が高いのだとと思いますよ^^

▼回答4

順番に目方の少ないほうから、多いほうに並べていくと、 うな丼(並)→うな重(並)→うな丼(上)→うな重(上)となります。 お値段も、この順番で高くなっていきました。

大葉が良いアクセントに

▼回答5

基本的には、用いる食器が丼であれば「うな丼」、重箱なら「うな重」とすることが多いですが、「うな重」とは鰻が重なった状態の鰻重ね(うながさね)を意味するとして、御飯と鰻の蒲焼をサンドイッチ状(=挟む)にして、表面の鰻の下のご飯の下に更に蒲焼が入った合計二匹分の蒲焼が入ったものを「うな重」と呼ぶ地域や店舗もあります。

▼価格設定は同じながら「うな重」と「うな丼」で明確に違いのあるお店も

1 2