1. まとめトップ

オウム真理教事件を考える上で観ておきたいドキュメンタリー&映画6選

オウム真理教事件を考える上で観ておきたいドキュメンタリー&映画をまとめました。We summarized will want documentary and movie watching in considering the Aum incidents and religious issues

更新日: 2015年08月03日

3 お気に入り 19906 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

一枚の写真

1995年に起きた地下鉄サリン事件の被害者であるさかはらあつしが監督を務め、元オウム真理教の現アレフ広報部長荒木浩の人生を追う。

クラウドファンディングサイトMotionGallery発の企画映画であり、公開は2016年3月を予定している。

左:荒木浩(アレフ広報部長)右:さかはらあつし監督

Is a victim of occurred subway sarin gas attack in 1995 Sakahara Atsushi served as director , it follows the current Aleph public relations director Araki Hiroshi life of former Aum Shinrikyo .

人間と言うのは孤独であり、大いなる事件や不安に遭遇すると、余程、強い個人でなければ、自分を包み込み、説明してくれる「大いなる物語」を必要とするということ

A

被写体は主に当時オウム真理教の広報副部長であった荒木浩。ベルリン国際映画祭ほか、香港、釜山、ベイルート、バンクーバーなど各国の映画祭で上映された。

Blockbuster reflect the society 's attitude toward Aum Shinrikyo after the sarin gas attack on the Tokyo subway system from internal parrot.

A2

森達也監督による、オウム真理教(宗教団体アレフ)を扱ったドキュメンタリーで、前作『A』の続編にあたる。
荒木浩との再会から始まり、活動を続けるアレフ信者らと地域住民の対立や融和、当事者となった信者自身から語られる団体規制法の引き金となった暴行監禁容疑事件の顛末、右翼デモの思惑とマスコミ報道のズレなどが描かれる。

By Mori Tatsuya supervision , a documentary dealing with Aum Shinrikyo ( religious group Aleph ) , and corresponds to the sequel of the previous work "A" .
It starts from the reunion with Hiroshi Araki , confrontation and reconciliation of Aleph believers and local residents to continue activities , of assault confinement alleged incident that triggered the organization Control Act , which is told from the believer himself becomes a party particulars , speculation right-wing demo such as the shift of the media coverage is drawn with .

潜伏

指名手配中の教団女性と、愛した男との逃亡生活、逮捕までを描いている。現実社会と共存できず「向こうの世界」に行ってしまった人を理解し、関わり、交わろうとする難しさを描いている。

And cult women during wanted , fugitive life of a man who loved , it has drawn up to arrest . We can not coexist with the real society to understand the person who has gone to " the other side of the world" , involved , and depicts the difficulty of trying to Majiwaro .

DISTANCE/ディスタンス

カルト教団“真理の箱舟”の信者たちが起こした大量無差別殺人事件。事件で肉親を失った加害者家族たちが事件の起きた湖を訪れる。 一線を超えてしまった人々と、こちら側にとどまった人々、その心の距離間を真摯に見つめる。

Cult mass indiscriminate murder believers has caused the " ark of the truth " . Perpetrators family who lost the immediate family in the incident I visit occurred lake of incident .

「加害者遺族」という複雑な心のありようを等身大の言葉で表現するのはARATA、伊勢谷友介、寺島進、浅野忠信ら、今までも是枝作品を支え、日本映画を突き動かす原動力となってきた魅力的な俳優たち。

カナリア

出典eiga.com

母親が所属していたカルト教団の施設で妹と共に暮らしていた少年・光一。現在は児童相談所に預けられ母親の帰りを待っている。しかし母は戻ってくることはなく、祖父は妹だけを引き取ることに。光一は祖父母がいる東京を目指して、児童相談所を脱走する。

Boy Koichi whose mothers lived with the sister at the facility of the cult , which was a member . Now I'm waiting for the return of the mother is deposited in the child consultation center . But my mother never come back , my grandfather decided to take over the only sister . Koichi is the aim of Tokyo there are grandparents , to escape the child consultation center .

カルトの子どもの「その後」というセンセーショナルな題材を得つつ、新しい世界を切り拓く12歳の少年と少女を深く、強烈な存在感をもって描きだした。

1