1. まとめトップ

【18歳選挙権】改正公職選挙法で得する人は誰?民法・少年法も成年年齢引き下げか?

18歳選挙権かぁ~。選挙権年齢が「20歳以上」から「18歳以上」になるんですね。年齢を引き下げた改正公職選挙法が参院本会議で全会一致で可決、成立しました。日本の国は、どうなっていくんですかね?

更新日: 2015年06月17日

1 お気に入り 810 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

18歳選挙権とは?

発端は昨年の6月。憲法改正国民投票法が公布され、施行から4年後、つまり2018(平成30)年の6月以降に憲法改正の国民投票が行われることになれば、投票資格がそれまでの「20歳以上」から「18歳以上」に、線引きが2歳下げられることになったからである。

ところが、ここでいう「国民」というのはどんな国民を指すのか、何をもって国民というのか、ということが定義されていないということが、長年、疑問視されていた。

18歳選挙権が成立 - Y!ニュース (2015年6月17日(水)掲載) news.yahoo.co.jp/pickup/6163874 #成人年齢の引き下げ 現時点で17歳、18歳のみなさん 来年の6月から選挙に出ることになりますので、少しでも政治に興味を持っておきましょう!

選挙権年齢を「18歳以上」に引き下げる改正公選法が、先ほど参院本会議で可決、成立したって〜! 成人年齢がハタチじゃなく三十路でいいんじゃないかとさえ思うのに、、、。

若い人も政治に関心をもちましょうね。

政府は、来年の参議院選挙に向けて、新たに選挙権を得る高校生などの政治への参加意識を高めるため、「主権者教育」を充実させる必要があるとしていて、今後、各地でこうした取り組みが進むものとみられます。

1