サッカー場整備し地域開放 筑波学院大、市とつくばFCが協定
同大学内にサッカーフィールドを整備し、なでしこリーグやJリーグ参入を目指すつくばFCのトップチームの練習場や、大学の授業、市民の生涯スポーツの場として活用していく

出典サッカー場整備し地域開放 筑波学院大、市とつくばFCが協定 | 常陽新聞スマートフォン版

で、この1億円は誰が出すの?

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

(サッカー、バスケ編)つくば市総合運動公園について知ってはいけない、いくつかの事

15,000人収容のスタジアム つくばFCは陸上競技場との兼用は望んでいない(専用サッカー場を希望)5,000人収容のアリーナ つくばロボッツも物販・飲食のできない総合体育館は望んでいない(エンタメ専用のアリーナを希望)

このまとめを見る