2015年5月
5月22日付の市の回答によると「出来る限りの支援をしたいと考えているが、つくばカピオの更なる優先利用は認められない」

出典カピオ優先利用拡大認めず つくばロボッツ要望に市回答 | 常陽新聞スマートフォン版

理由は「つくばカピオのサイバーダインアリーナは過去5年間の稼働率がほぼ100%。時期によっては(抽選の)倍率が10倍以上となる需要の高い施設。ロボッツは(スポンサーのサイバーダイン社の)ネーミングライツや体育協会共催で年間13日間の優先予約をしている」「市民間の利用機会の公平性を考慮しながら協力を最大限に行っている」などとしている。

 練習のための体育館の利用についても、「一般の利用者数は年々増加。プロ・アマを問わず、一つの団体に優先利用を許可することはできない」と回答した。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

(サッカー、バスケ編)つくば市総合運動公園について知ってはいけない、いくつかの事

15,000人収容のスタジアム つくばFCは陸上競技場との兼用は望んでいない(専用サッカー場を希望)5,000人収容のアリーナ つくばロボッツも物販・飲食のできない総合体育館は望んでいない(エンタメ専用のアリーナを希望)

このまとめを見る