2015年3月
①ロボッツを支援する旨の文書の提出
②5000人規模のアリーナの建設。できれば多目的アリーナの建設
③ホームゲーム年間試合数の8割以上を実施できる会場の優先確保
④練習用体育館の優先確保
⑤ホームゲームにおける、公共施設での飲食物・酒類の販売と飲食の許可

出典つくばロボッツ、新リーグ1部へ決起集会や署名 | 常陽新聞スマートフォン版

プロのチームが、練習用の体育館から試合開催用のアリーナ、さらに、その維持費まで税金におねだり?

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

(サッカー、バスケ編)つくば市総合運動公園について知ってはいけない、いくつかの事

15,000人収容のスタジアム つくばFCは陸上競技場との兼用は望んでいない(専用サッカー場を希望)5,000人収容のアリーナ つくばロボッツも物販・飲食のできない総合体育館は望んでいない(エンタメ専用のアリーナを希望)

このまとめを見る