市民が〝使う〞施設と、プロスポーツなどを〝見る〞施設と、目的をはっきりと分けて造るべき
民間の資本も投入するべき

出典[運動公園計画 この人に聞く]ロボッツ山谷拓志社長(45)「目的はっきり分け造るべき」 | 常陽新聞スマートフォン版

『建設と運営を100%税金で行うというところや、目的の違うものをいろいろ盛り込む』
『一点豪華主義で造るだけ造って、後に使われなくなった施設が全国にたくさんあります』
と基本計画を批判

山谷社長はスマート・ベニュー研究会の構成員なので、これが当然の見解

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

(サッカー、バスケ編)つくば市総合運動公園について知ってはいけない、いくつかの事

15,000人収容のスタジアム つくばFCは陸上競技場との兼用は望んでいない(専用サッカー場を希望)5,000人収容のアリーナ つくばロボッツも物販・飲食のできない総合体育館は望んでいない(エンタメ専用のアリーナを希望)

このまとめを見る