1. まとめトップ

18歳選挙権成立

選挙権年齢を現行の「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる公職選挙法改正案が4日、衆院で可決した。法改正によって生まれる新たな有権者は約240万人。少年法改正もお願いしたいです。

更新日: 2015年06月17日

0 お気に入り 630 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

trauma2896さん

次は、少年法改正だね。選挙権年齢引き下げに基づけば、当たり前だよねぇ。 RT @harukachristine: 18歳選挙権が成立!法律が改正されただけでは何も変わらないので、まずは多くの若者に関心もってもらいたいです(^-^)/

18歳選挙権が成立 - Y!ニュース (2015年6月17日(水)掲載) news.yahoo.co.jp/pickup/6163874 これで少年法の引き下げ議論も進みそうですね。学生の頃にそのテーマで論文書いたんですが、やっとという感じ。楽しみです。

【有権者240万人増】『18歳選挙権』キタ―――(゚∀゚)―――― !! 【公職選挙法】 alfalfalfa.com/articles/12168… 18歳19歳の方が仮に選挙違反で捕まった場合、少年法に守られて実名は公表されませんってのは矛盾してるよね。

【18歳に選挙権年齢を引き下げることのメリット】

■ 若者の社会的責任感が育ち、若者の政治離れに歯止めがかかる

■ 若者の政治参加を促し、社会的責任を担わせることができる

■ 社会保険などの負担の世代間格差などについて、若者の意見を政治に反映させることが出来る

■ 世界的に見て18歳は成人だと言える

【18歳に選挙権年齢を引き下げることのデメリット】

■ 18歳はまだ未熟である
「確かに18、19歳の中には政治に関心があり、且つしっかりとした人もいるだろうが、多くは政治に関心もなく、かつ教養に欠けている。また働いたこともなく社会を知らない学生が、選挙に参加する権利はない」というもの。

■ 被選挙権は25歳(30歳)と高いままなので、若者の意見発信は進まず、選挙権だけ引き下げてもあまり意味が無い。

1