1. まとめトップ

深津絵里の母、「漢字アート」の諭美子さんが死去【諭黄】

女優・深津絵里の母親で、書道家の深津諭美子さんが肺がんのため亡くなっていたことが分かった。66歳だった。「諭黄」の雅号でも活動していた。

更新日: 2015年07月09日

1 お気に入り 20675 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

curatorさん

女優の深津絵里(42)の母親で、書道家の深津諭美子(ゆみこ)さんが亡くなっていたことが16日、分かった。66歳だった。

「娘の名前で仕事をしてると思われるのがイヤだった」

人気女優の母親であることを隠すため09年まで「諭黄(ユンホン)」の雅号で活動。

「娘の名前で仕事をしてると思われるのがイヤだった。私が先に産まれてるんだから私は私で、娘は関係ない。でも娘の名前は付いてくるものだし、娘も『好きなようにすれば』と言ってくれています」

「漢字アート」を確立して、中国やニューヨークでも活動

歯ブラシやタワシ、ほうきなどを筆のように使い、書とアートを融合させた独自の「漢字アート」を確立。

「漢字をアートにして書いたらどうなるだろうと思って書いたら、上海で当たっちゃった。両手で書いたり、帯を使って書いたものも入選しました。でもやっぱり努力あってこその結果ですね」

JAPAN ART MATSURI なかなか盛況。書道家(とお呼びしていいのか?)の深津諭美子先生に私のイメージで名前を漢字にして書いていただく。先生のお嬢様は深津絵里さん。一ヶ月の間に親子でお会いできる偶然の運命! pic.twitter.com/2wtmMwBt

末期ガンの治療を拒否して、書道家としての人生を全う

昨年11月、一部報道で、末期の肺がんのため、余命3か月の宣告を受けて闘病中であることが明らかになった。

ブログでは、8月に公表していました。

当初は身内にもガンであることを伏せてきた諭美子さんでしたが、担当医に言われてやっと家族に告げることにしました。しかし、

入退院を繰り返すよりも最後まで書道家として人生を全うしたいという強い意志で放射線治療も抗がん剤治療も拒否!

「お母さんのことが大好きな深津さんですから、本当は治療してほしかったはずです。でも、彼女も表現者。お母さんの気持ちが痛いほどわかったのでしょう。最終的には、その生きざまを見届ける決意をしたのです」

諭美子さんの知人

リンク

1 2