出典 www.syriatoday.ca

テル・アブ・フレイラ遺跡

テル・アブ・フレイラ(Tell Abu Hureyra、アラビア語:تل أبو هريرة)は古代のレバント東部・メソポタミア西部にあった考古遺跡。今から11,000年以上前に穀物を栽培した跡が見られ、現在のところ人類最古の農業の例となっている。

この情報が含まれているまとめはこちら

【遺跡で見る】メソポタミア周辺の先史時代

人類の文化はメソポタミア文明から始まったとされています。それはいったいどのように始まったのでしょうか。文字が誕生する前である有史以前に文化がどのように発展したのか、発見された遺跡を通して考えていきます。

このまとめを見る