1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

スペインの平均寿命は2040年までに85.8歳となり、日本を抜いて世界一の長寿国となる見込み。


【関連写真】スペイン、日本を抜いて世界一の長寿国へ── その理由は?


2007年にビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団の支援を得て設立された保健指標評価研究所(IHME:Institute for Health Metrics and Evaluation)のレポートによると、日本2位に後退する。平均寿命は85.7歳。


レポートは各国の順位の理由は示していないが、250の要因に基づいてランキングを作成。研究者は、高血圧、喫煙率、水の安全性と下水処理、大気汚染、子どもの栄養失調などを調査した。


スペインは2040年までに平均寿命が85歳を超える4カ国の1つとなった。


海外駐在員向けサイトのエクスパティカ(Expatica)によると、スペインはGDPの約10%をヘルスケアに投じている。また、世界のヘルスケア・システムのランキングでも高く評価されている。例えば、世界経済フォーラムの2018年世界競争力レポートでは、スペインは世界で最も健康な国とされた。

スペインは地中海料理(Mediterranean diet)で有名、長寿の主な理由に食事をあげる人もいる。

マドリードの市場で47年間、果物や野菜を売る店を開いているフェルナンド・デ・ラ・フエンテは、研究者がスペイン人の食生活と長寿を結び付けたとしても驚かないとガーディアンに語った。


彼は、スペインの人々は果物、野菜、魚などを一年中食べており、良い食生活を送っていると述べた。果物と野菜はどちらもスペイン全土で手に入れやすく、価格も手頃。


「果物と野菜のないスペイン料理は考えられない」


野菜、魚、オリーブオイル、ナッツ、全粒穀物を多く取り、加工食品と肉をあまり食べない地中海料理は、アンチエイジングに有効というエビデンスが次々と出てきている。


心臓病、糖尿病、ある種のがんのリスクは、地中海料理を食べていると減らすことができることを複数の研究は示した。また地中海料理は、認知能力を高め、認知症のリスクを減らす効果があると見られている健康に良い脂肪分を豊富に含んで

国のヘルスケア・システムを利用できることが憲法で保証されており、民間の健康保険に加入している人は20%以下に留まる。


家族を大切にする結び付きの強い国でもある。


老化の研究を行っているスペイン国立研究評議会のアントニオ・アベラン氏は、社会的な関係が強いことはスペイン人の長寿に大きな役割を果たしているとガーディアンに語った。


家族を重視する地中海の国はスペインだけではないが、アベラン氏は親族と近しいことが健康に大きく関わっていると述べた。


「それだけが重要なわけではなく、最重要項目でもないが、スペインと他の国々の違いの一部を説明できると考えている」とアベラン氏。


「ボーナス。良い人生を送れば、長生きできる」

厚労省から発表される「平均寿命」は、0歳の人の「平均余命」

0歳のひとがあと何年生きるかという予測数字を「平均寿命」

「平均寿命」というものは、100人の死亡した年齢を足して100で割った数値、というような単純なものではありません。

医療や製薬利権を維持する為です。「日本人が飛躍­的に長寿に成ったのは医療や薬剤の進歩にある」などと信じこませ­、虚構をあたかも現実の様に見せ掛けているのでしょう。

各国によっても算出方法は様々であり、もちろん戦乱や飢餓、生活環境の荒れている国々に比べればもちろんそうですが、日本は長寿国だと言われているのは悪意の刷り込み

日本は長寿ではなく長命

高齢者のほとんどは病院に通い、薬漬けです。
管につながれ、ただ呼吸して命が繋がっているだけという状態は少なくありません。
これは長寿ではなく長命です。

1 2