出典 ponco2さんがアップロード

当時の様子を描いた『蒙古襲来絵詞』

元寇(げんこう)とは、日本が2度(文永の役・弘安の役)にわたり元軍の侵略を受けた事件である-と習うことが多い。

この情報が含まれているまとめはこちら

朝鮮による大虐殺…日本人なら知っておきたい「元寇」の真実

鎌倉時代に、元(モンゴル帝国)と朝鮮の属国・高麗王国によって行われた日本侵攻「元寇」(げんこう・「蒙古襲来」とも)。文永の役(ぶんえいのえき)、弘安の役(こうあんのえき)の2度の襲来において、高麗(朝鮮)軍が対馬や壱岐、北九州で残虐な行為をしたことを日本人は忘れてはなりません。

このまとめを見る