1. まとめトップ

何を書いたらいいの?ブログの「最初の記事」に迷ったら

ブログを始めてみたのはいいけれど、最初の投稿で躓いてしまって全然記事がアップできない。「面白いブログを書きたい」という思いから気合が入りすぎてしまい、筆が進まない…。そんな人に贈るまとめです。調べてみたところ、初回は気負い過ぎず、とにかく1記事をアップすることが大切みたいです!

更新日: 2015年06月18日

3 お気に入り 4377 view
お気に入り追加

▼ブログを始めたのはいいけれど

最初の投稿に何を書いていいのか分からない…

しかし、ブログの最初の記事って、何書いたらいいかわかんない!

お小遣い稼ぎにブログを開設したのは良いものの、まず何を書けば良いのか分からない・・・、こんな風に出だしから行き詰まっている人は案外多いのではないでしょうか。

初めての投稿で、まだブログの方向性や自分のキャラクターが定まっていないからこそ、何を書いたらいいのか迷ってしまう…。そんな時は、まずは簡単な「自己紹介」から始めてみませんか?

▼やっぱり初投稿は「自己紹介」が王道のようです

ネットの世界とはいえ、発信するのは「人」。読むのも「人」。<どんな人が書いているのか?>が分かると、親近感が違います。

はじめは、あいさつもかねてプロフィール記事を書くといいです。自分のことなら書きやすいですから。

やはり、ブログも現実世界同様、自己紹介から始めるというのが書きやすいのかなと思います。

ブログはインターネットで顔が見えない世界ですが、やはりモニターの向こうにいるのは人で、読むのも人ですので最初の挨拶は大切です。

プロフィールを書くのにも、気合が入りすぎてしまうことがありますね…。そんな時は、「何度でも書き直せる」「プロフィールはどんどん変わっていくもの」と、楽~に考えましょう。

自己紹介やプロフィールがあれば、興味のあるジャンルを通じて共感を得られるので、読者になってもらえる可能性があります。

プロフィール記事は、一度作って終わりではありません。実績ができたり、目標を修正したり、目標を達成、子供が生まれたり、進学したり、環境の変化などで、どんどん追加、変更をしていくもの。

▼サイトの趣旨、概要が決まっているならそれを書くのも手

このブログで何を書いていくのか。あらかじめ決まったコンセプトがあるなら、それを書くのもいいと思います。

次に多かったのはサイト概要。そのブログの主旨やブログを始めた経緯、サイト名の説明やロゴの意味などがありました。

私がブログを始めようと思った理由はですね

…こんな感じで、ブログを始めたきっかけを書くのもアリですね。

いきなり完成度の高い記事から書き始めている方や、ブログのコンセプトを語られている方、自己紹介等、いろいろのようです。

▼とにかく「書き始める」ことが大事!

初めの1記事さえ書けたら、後はスラスラ…かも。

ブログとは、過去の記事を振り返ることで、いろいろな「何か」を発見するものです。その第一歩ですから、あれこれ書いてもしかなたいのです。

また、ブログは、「記事の積み重ねで価値を生むメディア」だと私は思います。

「悩むくらいなら書こう」というのが、私の姿勢の一つです。

ブログにはセンスも大切だと思いますが、最も重要なのはまずは“とにかく書くこと”です。

▼背伸びすると後が大変。まずは気楽に始めよう

内容が濃く質の高いコンテンツを作ろう!という意識は大切ですが、最初から背伸びをしたり、自分を飾って取り繕ってしまったりすると、後が大変。自分でハードルを上げてしまい、記事が書けなくなってしまうかも。

ウケの良さを狙って自分のキャラクターを偽造してしまうと、今後続けるのが難しくなり、自分を取り繕うことに注意が分散されてしまって記事を書くための創造力が削がれてしまいます。

ブログを開設してからなるだけ早く自分をさらけ出す記事を書くことで、後々の記事が非常に書きやすくなります。

私はこの現象を「ロックが解除される」と勝手に呼んでいるのですが、ブログって要は無理せず長続きさせることが大事なんですよね。

それでも何を書くか迷ったら「迷った」と書いてみるのもおすすめです。

1 2





サラミ裁判所さん

日本サラミの裁判所に勤めながら、雑多な記事をあげていきます所存でございます。

このまとめに参加する