1. まとめトップ

【育毛】薄毛にはイワシが効果的!?【ヘアケア】

気になる薄毛……。そんな中でイワシが救世主となるかもしれないようです。

更新日: 2015年07月10日

7 お気に入り 41371 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

colethrowさん

男性の永遠の悩みであるハゲ、薄毛……

男性の自信喪失にも繋がります。男性にとっても深い悩みの種でもあります。

巷には様々な治療法が溢れていますが……

そろそろ頭皮が気になり出した方も、これから取り戻したい方も……。しかし、一体何から始めればいいのか?

そこで、食事療法で薄毛を改善していくという考え方も……

身体同様、頭皮も食事から作られています。髪の毛はタンパク質からつくられているのです。

では何故、”イワシ”なのか?

野菜、納豆、キムチなど、髪に良いとされている食べ物の話は色々ありますが……。

そもそも、イワシ(鰯)が薄毛対策に良いらしいと言われるようになった理由は、イワシという魚に含まれる栄養成分にありますが、中でも注目されている成分が〝メチオニン〟や〝亜鉛〟です。

特にメチオニンは健康な毛髪を作る重要な役割の一端を担っており、このメチオニンが体内で不足すると薄毛や抜け毛の原因になると考えられています。

イワシが良いとされている理由はここにあるようです。

この髪に必要な”メチオニン”って……

メチオニンは髪の成長に欠かせないアミノ酸

そして、そのメチオニンや亜鉛を材料に髪の成長に必要な”システイン”というものが作られます。

メチオニンから作られるシステインは飲酒や目の使い過ぎによって大量に消費されるためこまめに摂取をしていないと不足しがちなんですね。

普段の生活にも気を使わなくてはなりません。

イワシは育毛の為にあるような魚!?

また亜鉛は細胞を再生させる働きがあり、薄毛の原因になる DHT抑制効果があるんです

コエンザイムやEPA、DHAは血液をサラサラにして血流を促進する働きがありイワシは育毛をするためにある魚だといっても決して過言ではないくらい育毛との相性は抜群なんですね

実は昔から言われてきていた!?

アンチエイジング権威ベンジャミン・フランク博士は「髪の毛を生やしたければ、週に4回イワシの缶詰を食べなさい」と著書の中で語っていたほどです。

ベンジャミン・フランク博士のとっておきの育毛秘訣
1.いわし(缶詰が核酸が多い。生でも缶詰でもOK)週に4回。
2.サケ(週に1回)
3.エビ、カニ、ハマグリ、カキ、イカを週に1回。
4.週に1回その他の魚をたべる。
5.週に1回牛のレバーを食べる。

じゃあ、さっそくイワシを食べて髪を増やそう!でも注意も必要。

いわしの缶詰がおすすめ!

1 2