1. まとめトップ

NTT西日本 : ひかり電話に変えるまたは変わった時の注意事項

東日本も同じはずですが、Myビリングに対して @ビリングがあります。インターネット接続している前提での考慮事項で、ADSL からの移行でも全体として1000円以上安く(プロバイダも関係します)なるか、同等になると思います。既に光が入っているなら断然安いです。

更新日: 2015年06月18日

0 お気に入り 4796 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nightwalkerさん

ひかり電話は停電では使えません

停電時は携帯電話または公衆電話を利用します

ひかり電話では接続できない番号があります

▲ のリンク先で、0120 の フリーアクセス/フリーダイヤル が ○ になっていますが、必ずではなく、フリーダイヤル契約者がひかり電話の着信を許容しない設定の場合、ひかり電話からつながりません。

ひかり電話にすると元の加入電話は『利用休止』になります

電話の権利をNTT預かると言う形態です => 「利用休止」という取扱い。

※預かり期間中は、回線使用料などはかからず無料。
※再度お電話をお取付けする際には、別途工事費がかかる上、電話番号は変わります。

月額使用料が『1,700円』から『500円』に下がります

但し、
「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」「フレッツ・光プレミアム」(いずれもインターネット接続サービス)、または一部の「コラボ光(詳しくはこちら)」のいずれかのご契約、料金が必要です

例)
フレッツ光ネクストF 隼利用料
5,400
もっともっと割_1、2年目どーんと割
(22ヶ月経過後、割引額は1,290円)
-1,790
ひかり電話(基本料)
500
ユニバーサルサービス料
2
-----------------------
4,112( 税抜き )

一般電話への通話料が全国一律 3分で 8円になります

携帯電話への通話料も安くなります

国際電話を発信できないようにするには、フリーダイアルから手続きが必要です

国際電話への発信が必要無いのならば、0120-116-116 から発信規制の登録をする事ができます

通話明細は紙で提供されないので、WebサービスのMyビリングに登録する必要があります

ひかり電話の料金明細内訳については、「Myビリング(ひかり電話通話明細内訳・通話発生状況照会)」のみのご提供とさせていただきます。

※ 別途書面によるお申し込みが必要です

Myビリングを利用するという事は、紙媒体での請求書類は来なくなります。

=> Myビリングご契約後は書面による「ご利用料金のお知らせ」等は送付されません。

1