1. まとめトップ

NYで中毒者続出の元祖クロナッツ!「ドミニク・アンセル・ベーカリー」日本上陸*\(^o^)/*

“発明”と言われる超人気スイーツ元祖店です。行列する覚悟が必要ですね。

更新日: 2015年06月20日

5 お気に入り 9491 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

lucky_catさん

クロワッサンとドーナツの美味しさを融合させた画期的なスイーツ「クロナッツ」の生みの親として知られる「ドミニク・アンセル・ベーカリー」が、日本初のショップを表参道にオープンします。

オープンは、6月20日!

NY発の人気ベーカリー「ドミニク アンセル ベーカリー トウキョウ」オープンに300人以上の行列 wwdjapan.com/life/2015/06/2… pic.twitter.com/ZS8QUE07F4

やっぱり予想どおり!

住所:東京都渋谷区神宮前5-7-14
定休日:なし
営業時間:8:00~19:00、朝食営業、ランチ営業、日曜営業
1F テイクアウト/イートインスペース
2F カフェレストラン
座席数:88席
禁煙・喫煙:完全禁煙
電話番号:03‐3486‐1329

▶︎ドミニク・アンセルとはどんな人?クロナッツって何…?

ドミニク・アンセルは、かつて NYでミシュラン3つ星を獲得しているフレンチ・レストラン、ダニエルのペストリー・シェフ(フランス語で言うパティシエ)だった人物。

クロワッサン食感のドーナツという斬新なアイデアが大ヒットにつながった「クロナッツ」(594円)は、TIME誌の「2013年の最も優れた発明品25」に選ばれた話題のスイーツ。

では、そのクロナッツがどんな味わいかと言えば、そのフレコミ通り クロワッサンとドーナツが50/50というペストリー。 クロワッサンの生地を揚げたドーナツに、タヒチ産ヴァニラのクリームを挟んだもの。

クリームは、万遍無く生地の中に注入されているので、何処をかじってもヴァニラ・カスタード・クリームが 揚げたペストリーと共に味わえるけれど、そのクリームの美味しさにも定評があるのがドミニク・アンセル。

焼き上げるのではなく、揚げることによって、 ドーナツのように油を含んで 膨れたテクスチャー。

『クロナッツ』は、毎月フレーバーが変わるため、1度出たものは二度と味わうことができない。さらに、東京の店舗とニューヨークの本店とでもかぶらないように提供されるというから驚きだ。

「一度食べたら、やみつき!」「早起きしてでも並んで食べたい!」とニューヨーカーを虜にしているクロナッツ。

一度食べてしまったら どんなに長時間行列してでも、 また食べたくなるといわれる ”中毒性”が指摘されるのがクロナッツ。 揚げ物のデザートが好きな人にとっては、”ドリーム・デザート”とさえ言われているのだった。

レオナルド・ディカプリオやヒュー・ジャックマンらハリウッドセレブが行列に並ぶ人気商品として知られる。

▶︎日本第1号店は、こんな感じ!

ドミニクアンセルべーカリー トウキョウは、東京メトロ表参道駅の A1 出口から歩いて5分ほどのところにオープン。

黄色い屋根と、奥まで見渡せる大きな窓。町のパン屋さん、といった親しみやすい印象を受ける外観です。

1 2