1. まとめトップ

トヨタの米国人女性役員のジュリー・ハンプ容疑者(55)、麻薬オキシコドンを輸入の疑いで逮捕

これは辞任ですね。アメリカでよくてもオキシコドンを日本に持ち込んで利用しようとした=常習性がある。でも動画をみるとアメリカで禁止にならないのが不思議です。

更新日: 2015年07月07日

1 お気に入り 2415 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

trauma2896さん

6月30日、ハンプ氏より、弊社常務役員職辞任届が参りました。弊社といたしましては、ハンプ氏の逮捕以降、世間を大変お騒がせし、多くの方々にご心配やご迷惑をおかけしていることを勘案し、ハンプ氏の届を受け入れることといたしました。

辞任までの時間(約2週間)。
本人が辞任することに、なかなか納得しなかったんだろうな。

依存症なら逮捕拘留中に暴れるから実は送検も公判維持も簡単・・・これ狙いか?

麻薬オキシコドンの錠剤を米国から密輸した疑いでトヨタ自動車常務役員のジュリー・ハンプ容疑者(55)が逮捕された事件で、ハンプ容疑者が「父親から送ってもらった」などと供述していることが25日、捜査関係者への取材で分かった。

トヨタ本社などを家宅捜索、常務役員の麻薬密輸容疑で

警視庁が23日、トヨタ本社(愛知県豊田市)、東京本社(東京都文京区)など数カ所を捜索したことが分かった。複数の関係者が明らかにした。

言い逃れできませんね・・・ジャンキー常務役員確定です。もしくはオキシコドンの使用効果を理解しているからこそ密売・転売・第三者に提供を目論んでいたのかもしれない。(もっと悪質)

麻薬オキシコドンの錠剤密輸容疑でトヨタ自動車常務役員のジュリー・ハンプ容疑者(55)が
逮捕された事件で、警視庁が医師に依頼して健康診断を実施した結果、鎮痛作用のあるオキシコドンの服用が必要な状態ではないとみられることが20日、分かった。

麻薬「オキシコドン」についての副作用
中毒者の証言より
「いつからか思い出せないほど長い間、私は『ハイ』になったり落ち込んだりしていました。ちょっとしたことですぐに腹を立てたり、怒りが爆発したりし、全く理由もないのに誰かを嫌ったりしていました。長い間、私は自分が躁うつ病ではないかと思っていました。自分を望ましくない感情から救うために、去年の10月に薬を使い始めました。けれどもなんと、それは状態を悪化させただけでした! 今では薬物中毒と感情の問題の両方に対処しなければならなくなったのです。」
一度依存してしまうと抜け出せなくなってしまう危険性があるようです。

グランドハイアット東京でホテル暮らし

トヨタ自動車の常務役員、ジュリー・ハンプ容疑者(55)が麻薬取締法違反容疑で6月18日、警視庁に逮捕された。処方箋なしでは入手できない「オキシコドン」という鎮痛剤を密輸した疑いだ。

この薬品はアヘンに含まれる成分から作られるもので、ヘロインに似た感覚が得られるため、アメリカでは麻薬の代わりに使用するケースが増えているという。産経ニュースが報じている。

ビニールで箱梱包、麻薬小分け=内容物は「ネックレス」申告—トヨタ常務密輸事件

これ言い逃れできないですね。違法薬物だと思っていないなら堂々と「薬物」として輸入する。嘘を言っているだけでアウトですね。ていうか、「麻薬を輸入したとは思っていません!」などと一般人がこんな言い逃れ言ったって絶対信じないだろ。警察は・・・もしお咎めなしだったらトヨタが裏から圧力掛けたと考えるのが普通だな。

トヨタ初の米女性役員を麻薬密輸容疑で逮捕 「麻薬輸入と思ってない」と否認 警視庁

麻薬成分を含む錠剤を密輸したとして、警視庁は18日、麻薬取締法違反(輸入)の疑いで、トヨタ自動車の常務役員で、米国籍のジュリー・ハンプ容疑者(55)を逮捕した。同課によると「麻薬を輸入したとは思っていません」と容疑を否認している。ハンプ容疑者は、4月1日付でトヨタ初の女性役員として登用されていた。

荷物の底で袋に入れられた状態⇒隠した状態=やばいものという認識があるということ=まっくろくろすけ

麻薬を米国から密輸したとして、警視庁は18日、トヨタ自動車初の女性常務役員で米国籍のジュリー・ハンプ容疑者(55)= 東京都港区六本木6丁目=を麻薬取締法違反(輸入)の疑いで逮捕した。警視庁への取材でわかった。
「麻薬を輸入したとは思っていません」と容疑を否認しているという。

 組織犯罪対策5課によると、ハンプ容疑者は今月11日、米国から麻薬成分のジヒドロヒドロキシコデイノン (通称オキシコドン)を含む錠剤57錠を輸入した疑いがある。米国から成田空港に着いたハンプ容疑者宛ての国際郵便の小包を東京税関が調べたところ、荷物の底で袋に入れられた状態で見つかったという。

 厚生労働省によると、オキシコドンはモルヒネと同様に鎮痛作用があり、がん治療など医療目的で処方されることもある。 一方で薬物依存を引き起こす恐れもあるという。

 同課の説明では、オキシコドンの購入には米国でも処方箋(せん)が必要。警視庁は、押収した量などから、ハンプ容疑者が自分で使うために輸入したとみている。

 ハンプ容疑者は、米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)や、ペプシコーラで知られるペプシコで副社長を務め、2012年に北米トヨタに移籍。今年4月にトヨタ本体の常務役員に抜擢(ばってき)された後は、広報担当として主に東京で勤務していた。就任直後に「トヨタを尊敬される会社だけでなく、愛され、親しまれる会社にしたい」などと抱負を語っていた。

薬の中身、どういう薬かを知った上で海外から郵送させていれば、それが違法と知っていなくても、犯罪成立、というのが判例、実務。違法という意識を持つ可能性すらなければ不成立、と考える余地もなくはないが、調べればすぐわかることだから、無理だろう。トヨタ自動車には、この理屈はわからんかも。

厚生労働省監視指導・麻薬対策課によると、オキシコドンは乱用により依存症となる恐れがあるため、「細かい制度は国によって違うものの、多くの国で規制されている」という。

オキシコドンとはどんなものか・・・米国でも、オキシコドンは医師の処方が必要

日本でも医師の診断書があれば処方されます。
でも麻薬成分強いのでリタリンとか、癌なら後期ステージ4くらいでモルヒネと一緒に使う。
要するに強烈な痛みに対応する鎮痛剤であり、当然副作用があるので一般の痛みには使わず、
末期患者にのみ使われることがわかる。

マイケルジャクソンもやってたやつ、アメリカでも乱用者多数。
オキシコドン系の薬物は、神経系にヘロインやアヘンに似た反応を起こします。
そのためヘロインのような違法な麻薬の代用品または補助として、
オキシコドン系鎮痛剤のひとつであるオキシコンチンを用いる乱用者がいます。

武装した強盗が薬局を襲う事件が起こりましたが、その際に強盗が要求したのは現金ではなく、
オキシコンチンだけでした。いくつかの地域(特に合衆国東部)では、
オキシコンチンは捜査当局が最も警戒する薬物となっています。

オキシコンチンは、アメリカ東部にあるアパラチア山間地域に居住する人々によって乱用されているため、
「ヒルビリー(アメリカ東部の山男)ヘロイン」として広く知られるようになり、
アメリカ合衆国では犯罪にまつわる主要な問題のひとつとなっています。
ある地域では、犯罪の8割がこの薬物への中毒に関与していると推定されています。

以上、引用。
他にもRoxicodone, Oxecta, OxyIR, Endone, Oxynormが存在する。

アメリカでも簡単には手に入らないものであることが判明=劇薬(違法すれすれの薬)
オキシコドン特急
ケンタッキー州、オハイオ州、ウエストバージニア州のジャンキーが
車や飛行機で遥々フロリダまでオキシコドン買いにくる

オキシコドン炙ってパイプで吸引ジャンキーインタヴュー

強制入院中オキシコドン禁断症状ジャンキー女

オキシコンチンを飲み忘れると、夜に「足が痙攣したような感じになり、何とも言えない苦しさ(本人談)があり、横になっておれず知らないうちに、うめき声が出ている」といった状態で、その場合は、オキシコンチンとオキノームを飲んでおり、すぐ楽になり眠れております。

1