1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

携帯電話番号の需要増に伴い「090」「080」「070」と対応してきた総務省は6月18日、3年後には070番号が不足(枯渇)する可能性があるとして、今後「060」などのさらなる拡大を検討する必要があると議論を始めた。
携帯電話は今年3月末時点の契約数が1億5000万件を突破し、年間800万件ほどの増加が続いている。1999年に携帯電話の番号を「090」、PHSを「070」に振り分け、ケタ数も10ケタから11ケタに増やし対応したが、利用者の増加に伴い、2002年に「080」を追加し、2014年にはPHSが利用していた「070」も開放していた。

総務省は18日、「090」「080」「070」と広がってきた携帯電話の番号が3年後に枯渇する恐れがあるとして、対策を練る議論を始めた。「060」を加えたり、電子機器同士の通信に新しい番号を割りふって余裕を作ったりする案が有力だ。
携帯電話などの番号を管理する総務省が、有識者でつくる審議会に対策案づくりを諮問した。審議会は年内に答申をまとめる。

つい先日「070」がPHS・携帯電話と共通になったような気がしたのですが、どうやらもう枯渇気味みたいなのです。
産経新聞によりますと、最近はスマートメーターや携帯端末の位置情報をやりとりする見守りサービス的な機器間通信端末も多く、既存の「070」「080」「090」番号のストックが4420万件まで減少しているとのこと。このままだとこれらの番号の枯渇も見えてくるため、総務省では新たに「020」と「060」を割り当てることを検討しているとか。
現在までの検討では、機器間通信用へ「020」を開放。020は現在はポケベルに利用されていますが、ポケベルユーザーも少なくなっているので、受け皿としてはかなり余裕があるに違いありません。

ドコモはガラケー発表も、iモードはサポートせず
5月19日、ソフトバンク新製品発表会の席で、ソフトバンクの宮内謙社長はフィーチャーフォン、およびフィーチャーフォン型スマートフォンについて否定的な発言を行った。フィーチャーフォンの今後についてNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3大キャリアの立ち位置はさまざまだが、将来的にどうなるのか、予想してみよう。

2年単位で契約を結ぶ携帯電話の「2年縛り」をめぐり、総務省が検証を始めます。早ければ今夏にも結論を出し、契約慣行の見直しにつなげたい考えです。検討が必要なポイントはどこなのでしょうか

2つ折り・テンキー操作」の使い勝手は従来型携帯電話(ガラケー)と同じだが、スマートフォン向けのOS(基本ソフト)を搭載した「ガラホ」が登場してきた。スマホのタッチパネル操作になじめないユーザーも「LINE」などのスマホ用アプリ(応用ソフト)を使えるという機能の高さが売りで、各社の競争はガラホに適したサービスやアプリの開発が焦点になりそうだ。
NTTドコモは、19日に「ガラホ」第1弾として富士通「アローズF-05G」(実質約1万円)を発売する。スマホの多くで使われるOS「アンドロイド」で作動し、LINEを標準搭載する。連続930時間の連続待ち受けができる。

「2年縛り」の契約期間で購入することが多い携帯電話。高額な解約金がかからずに解約できるのは、契約期間の24カ月が過ぎた25カ月目の1カ月間のみだ。これを逃すと、また解約金がかかってしまう。
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯大手は、この更新期間を2カ月間に延長し、かつ、契約期間の満了をユーザーにメールで知らせる仕組みを今期中に整える方針を示した。通知メールは6月末までに開始、更新期間については12月末をメドに延長する考えだ。

1