1. まとめトップ
  2. カラダ

うわぁ…!飲みかけのペットボトルは意外と危険かも

ペットボトルを飲みかけの状態で放置してしまう事ありませんか?一見なんの変化もないように見えて、内部では多くの細菌が増殖しています。どのような対応をしたら良いのでしょうか?

更新日: 2015年06月19日

蜜柑丸さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
144 お気に入り 124023 view
お気に入り追加

◆飲みかけのペットボトル

飲みかけでも蓋を閉めて、後で飲む事ができるのがペットボトルの良いところですが、あまり長時間経ってから飲む事はオススメされていません。

ペットボトルのドリンクを、口をつけて飲み、まだ残りがある“飲みかけ”の状態でキャップを締め、あとで飲む

◆私たちの想像以上に汚かった

見た目は特に変化なくても実際には多くの細菌が増殖しています。特に甘い飲み物や夏場は増殖のスピードも速い。

見た目は濁りも無く、ほとんど開封前の状態と変わりませんが、実は細菌の宝庫だと言えます

水分補給のための水やお茶も油断できないが、とくに糖分の多いジュースやカフェオレなどは糖分が雑菌の栄養になり、糖分が多ければ多いほど雑菌が増殖しやすくなる

飲みかけのペットボトルを何時間も経ってから飲むとか絶対ムリ

母親から「飲みかけのペットボトルには雑菌がうんたらかんから」とかのコラム記事のURLがメールで送られてくるんやけど

◆基本的には大丈夫だが…

ペットボトル内で繁殖するのは、基本的に元々口の中にいた細菌です。多少増えたところで大きな影響は及ぼしませんが、体調不良時やあまりに長時間経ってからだと悪影響を与える事も。

人体に無害とされている常在菌でも、体調によっては病原性を発揮して様々な病気を引き起こす事があります

飲みかけのペットボトルのなかの雑菌は「腹痛や食中毒につながる大腸菌、発熱や腎炎の原因になる連鎖球菌、ときには癌につながる菌も存在し、増えれば増えるほど体に悪影響を与えます」と警告

東京医科大の中村明子教授のコメント。

口をつけて飲んだペットボトルドリンクを、24時間たってまた飲むのは、「菌だらけを飲んでいるようなもの」

出典飲みかけのペットボトル飲料は菌だらけ! 1mlに6億個!?|セルフドクターニュース|カラダにうれしいネタのサプリ

衛生微生物研究センターの李憲俊所長のコメント。

飲みかけのペットボトルで増えたくらいの菌で腹壊したりすることなんてないに等しいから大丈夫だし。。

菌が増えるって言っても、その菌の殆どはもともと自分の口の中にあったものなんだけどね。何にせよご注意を。 飲みかけペットボトル「細菌大増殖」3時間で13倍、24時間で2万倍!食中毒や腎炎 j-cast.com/tv/2015/06/182… @jcast_newsさんから

◆どう対応したら良いのか?

その日のうちに飲みきる事が重要になってきます。飲みきれない場合は、小さいサイズの物を選んだりコップに移すなど工夫をしましょう!

細菌の多くは、気温30度前後になる夏季に活発に増殖

飲みかけのペットボトルには細菌がいっぱい。 ストローやグラスに入れて飲みましょう。

1





海外、医療・福祉、サイエンス、生活の知恵、スポーツなどを中心にまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう