1. まとめトップ

【一緒にしんで!】三河と尾張の違い

名古屋県とはもう言わせません!愛知県民(特に三河民)ならわかる違い、まとめてみました。

更新日: 2015年06月21日

15 お気に入り 248388 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

l.harukaさん

▼三河ってなに?どこにあるの?

愛知県の西部を「尾張地方」、東部が「三河」となってます

愛知県は大きく分けて、尾張地方と三河地方に分かれます。!!

尾張地方は名古屋、一宮を中心とした、戦国武将で言うと
織田信長様に代表される地域。

三河地方は,豊橋、岡崎、豊田を中心とした、戦国武将で
言うと徳川家康様に代表される地域。

信長と家康、どっちも愛知県なんでしょ?なんて言うのはナンセンス。
お国、ちがいますから。

▽名古屋は尾張

名古屋県と言われるほど、愛知県において名古屋の勢力は大きい!
でも、名古屋は尾張に属しますから。
愛知県には尾張と三河の国があるんですから。

▼三河を尾張と一緒にしんで!

なあ、三河弁って知ってる?「一緒にしないで!」は「一緒にしんで!」になるねん。使えるよな。

「一緒にしんで!」は「一緒にしないで!」っていう意味。
三河を尾張と一緒にしないでください!

▽三河民の声

そう名古屋県じゃないんです 同じ岡崎の人間としてよくわかります 尾張と三河は違うんです

愛知県から来たというと「名古屋はいいところですね」とか「私も名古屋に行ったことがあります」などといわれる。しかし愛知県=名古屋ではない。

愛知県は尾張と三河の二つの異なる文化風習を持つ県であり、その違いは博多と小倉、宮崎と延岡、大阪と京都、浜松と静岡の違いよりもはるかにはっきりしていて、まるで2つの民族の連邦のようである。

▼じゃあ、何が違うの?

今は愛知県になっていますが、かつては尾張と三河に分かれていました。尾張は昔は織田信長が治めていた土地。一方、三河武士と呼ばれるように三河地方は徳川家康の所領でした。そのため、文化や言葉、気性までが違うようです。

▽方言ちがうんです

「みゃあみゃあ」の尾張弁VS「じゃんだらりん」の三河

語尾が全然ちがいます。

尾張地方に住む人が使う「名古屋弁」とも呼ばれる方言では、語尾に「〜だがね」や「しやあ」とつけますが、三河地方に住む人が使う「三河弁」では「じゃん」をつけます。

三河地方では「~だがね」なんて言いません。

名古屋は「そうだがや、食べやあ」というのに対し、三河は「そうじゃん、食べりん」

「りん」は尾張の人には通じない。。。

尾張:まあ、上がってちょーであー
三河:まあ、上がっておくれん

同じ愛知でも名古屋弁はとげとげしてて三河弁は優しい、

方言、全然ちがいます!
だからこんな悩みも・・・

愛知県民同士でも尾張と三河の者がしゃべると話が通じないときあるからこわい。

▽都会度もちがう?

1 2 3