1. まとめトップ
  2. 雑学

自宅で飼える超小型馬『ファラベラ』が可愛すぎる!

この馬なら、あなたも夢の馬主になれる!?体高70cm程度、大型犬よりも小さな馬「ファラベラ」はペットとしてアメリカで人気の馬。世界最小馬として知られ、丈夫で賢いことから盲導馬としての活躍も期待されているそうです。

更新日: 2015年07月08日

1403 お気に入り 446014 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

小さすぎる馬、ファラベラ

小さすぎっ!
普通の馬(右)と比べてこのサイズ。

ミニチュアホース(ファラベラ)<Falabella>は馬の品種の1つで最も小さな馬種

世界一小さな馬、それがファラベラ。

最も小さな馬種として知られ、ペットとしてアメリカ合衆国などで人気がある。

今、アメリカなどで大人気の馬です。

体高70cm程度であり、成馬で40cmの個体も存在する。

馬なのに、大型犬くらいの大きさしかありません。

大型犬よりも小さい…。

この品種名は、アルゼンチンのブエノスアイレス郊外にあるレクレオ・デ・ロカ・ランチで、この小さな馬をつくり出したファラベラ一家に由来している。

アルゼンチンのファラベラ家によって、長い年月を経て小さい馬同士を掛け合わせ作られた品種です。

丈夫で寿命も長い

ミニチュア・ホースは、ペットとして、また希少価値ゆえに、馬の歴史のさまざまな時期に飼育されてきたが、そのなかでファラベラは最高の品種として知られている。

ファラベラはツヤのある毛並とスリムな体つきでサラブレッドやアラブの体形によく似ており、頑丈な骨や厚いたてがみ、尾や球節などはポニーの血統からコブ種の特徴を受け継いでいます。

サイズは小さいですが、サラブレッドのような美しい体型も人気の理由。

寿命は20-30年ぐらい。
愛くるしい姿と、丈夫さ、人へのなつきやすさからペットとして人気が高い。

一般的なペット、犬の倍程度の寿命も特長です。

馬だけど小さすぎて乗馬はムリ

さすがにこの小ちゃな馬には乗れない…。

小型すぎる事から乗用馬としては全く適さない。

乗ったら潰れそう…w

主な用途はペットで、海外ではパレードもあります。

品評会みたいなことも行われているようです。

学習能力が高く調教も容易なことからホースショーなどに使われ、騎乗者なしで90cmほどの障害をジャンプすることができます。

賢い上に丈夫!
可愛いだけじゃない、それがファラベラ。

盲導犬ならず “盲導馬” としても活躍が期待されてる

賢いファラベラを"盲導馬"として活用するアイディアがあるらしい。

ペット以外には犬の数倍の寿命を持つ事から盲導馬への調教も試みられている。

アメリカでは、盲導馬としても活躍し注目されています。

アメリカでは盲導馬として活躍する為に1年以上の月日を要するらしいのですが、いずれ、日本でも盲導馬が見られるかもしれませんね。

盲導馬の件については世話だったり普及率や周囲の理解など色んな事が山済みだが、問題は値段だろうなぁ・・・訓練されてないファラベラ一頭でも安くて50万、盲導馬としての訓練を受ければ300万だと聞いたことも。この辺をクリア出来ればもっと広がるんだけど、現状はやはり犬が適任なのかなぁ。

盲導馬としての導入には、課題もあるようです。

ファラベラは個人でペットにできる!

大人のファラベラも小ちゃい。

生まれたときは20センチほどしかありませんが、2年間でおとなの大きさに成長します。

アメリカ合衆国ではその愛くるしい姿と、丈夫さ、人へのなつきやすさからペットとして人気が高い。日本でも少数ながら飼う人がいる。

「日本では馬はペットとして、あまり認識はされてないけども、犬や猫に劣らずペットとして優秀な動物」

北海道の牧場「アラビアン・ホース・プランテーション」の井上氏の言葉。

気になる価格はなんと$3000-5000!
日本円に直すと(1ドル=116円)とすると、ざっと35万~60万円ぐらい。

希少価値を考えると全然納得出来る値段…かな?

1 2