1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

まこっぴさん

松岡伸矢君行方不明事件

1989年3月7日、徳島県貞光町の親戚宅にやって来ていた松岡伸矢くん(当時4歳)が親の目の離した40秒の間に忽然と姿を消した・・・。

岡伸矢くんの一家は茨城県牛久市に住んでいた。家族構成は父・正伸さんと妻・圭子さん
子供が長女、伸矢くん、次男(当時2歳)の5人暮らしだった。
前日3月6日、伸矢くんは両親と共に徳島県小松島市で祖母の葬式に出席。
その夜は親戚宅で就寝。朝起きて8時15分頃、父・姉・弟・従姉妹と親戚宅前を数分散歩。
玄関から入ってこなかったので、父は抱いていた弟を家の中の母に渡し、すぐに玄関先に出てみた。
その間、約40秒。しかし、そこにいたはずの伸矢くんの姿は無かった。
すぐに家族で手分けして探し、昼過ぎには警察(貞光署)に通報し、警察犬も出動。

・現場は町道の終点付近で外部からの出入りはほとんどない
・失踪時、100m離れた畑で農作業をしていた人は車を見かけなかった。
・松岡さん一家が親戚宅に到着したことや、伸矢くんがいたことは外部に知られていない
・周辺に交通事故の痕跡はない。

第一、父がすぐそばにいた。消えたのが家の玄関先。
まさに神隠しと言わんばかりの失踪事件である。

1本の奇妙な電話が怖すぎる

正伸さん一家が牛久市に帰る前日の16日、一本の奇妙な電話がかかってきた。正伸さんが電話を取ると「奥さんはいますか」という。語尾のあがる徳島弁独特のアクセントの女性の声がした。圭子さんが電話を替わると、その女性は「ナカハラマリコの母親」だと名乗り、「成蹊幼稚園の月組の父兄です。幼稚園で見舞金を集めたのですが、どちらに送れば良いのでしょうか。もう帰ってくるんですか?」と尋ねた。成蹊幼稚園とは伸矢くんの姉が通っていた幼稚園だった。圭子さんは明日帰るという旨を伝えたが、その後ナカハラマリコの母親から連絡はなかった。

見舞金について、こちらから尋ねることもできず、しばらく黙っていたが、数日たって幼稚園に問い合わせてみたところ、見舞金を集めたという事実はなく、ナカハラマリコという名前の子供もいないことが判明した。
後から考えると、正伸さんから電話を替わる時に「誰かわからないけど、徳島弁だよ」と言っており、茨城県にいて松岡さんの親戚宅の電話番号を知っているのも不自然である。また徳島県にいて伸矢くんの幼稚園の名前まで知っているのはおかしかった。松岡さん一家の事情に内通している者の電話だと言えるが、これが手がかりとなることはなかった。

目撃情報

91年頃の目撃情報「四国霊場88ヶ所の第21番目の『太竜寺』で白装束に身を包んだ5~6歳の少年を連れた親子連れを目撃した。子供に付き添っていた男女は普通の身なりで、子供の両親にしては年が離れすぎていた」 圭子さんがこの証言を聞いて、87、8番目の寺でその3人の姿を待ちつづけたが、とうとう現れなかった。

・97年OLの「横浜の地下鉄で見た」という目撃情報 この証言によれば、帰宅途中のOLが、電車の横に坐った少年が「鳥肌のたつほど、正伸さんに似ていた」と言い、少年については「苦労しているようで、身なりも良くなく、手首に巻いてある包帯から傷が見えたので気になった」という。心配になったOLは少年に声をかけ「おじさんにいじめられる」という話を聞いている。OLは「困ったことがあったら、お姉さんに電話して」と電話番号を渡し、その後1度だけ電話があったが、手がかりにはならなかった

・98年中国地方にあるレンタルビデオ店店員の証言 「手首に傷のある男の子で、現在の伸矢くんの想像写真にそっくりの少年が、『タイタニック』のポスターを買っていった。少年は店の出入り口付近で、まるで監視しているかのように立っているヤクザ風の男に『タイタニック』のポストカードを見せ、これでいいの?といった感じで確認した後、レジに来た」応対した店員はすぐに店長に報告、店長は表通りに2人の姿を捜しに走って行ったが、すでにその姿はなく、警察に通報したという。その後の手がかりはなし。

・また平成元年4月の終わりか5月の終わりに徳島県海部郡日和佐町の弁天浜の岸壁で伸也君によく似た子供を抱いて海を見ていた不審な男性を目撃したという情報もあった。目撃者は徳島育ちで、伸矢くんが行方不明になっていたことを当時から知っていたので、男の子の顔を覗き込んで確認しようとすると、男は子供を隠すように姿勢を変え、その場から白い乗用車に乗って立ち去ったと言う。日和佐は北朝鮮の船が来航する港の一つ。

目撃情報は何度か寄せられるものの手がかりはなし

増山ひとみさん失踪事件

名前
増山ひとみ
性別
女性
失踪時年齢
21歳(2009年現在36歳)
失踪日時
1994年(平成6年)2月19日
失踪場所
福島県原町市

【事件の詳細】
原町日の出町の職場を退社後(3週間後に結婚を控え、この日が最後の出勤だった)、行方不明に。乗用車は同市内に放置されており、所持品が全て車内に残されていたほか、車体に中傷の落書きがあった。
婚約が決まってから自宅に無言電話が相次いでおり、失踪当日には職場に女性の声で不審な電話があったという。その女は増山さんの婚約者の元愛人のようで、増山さんは彼女と何回か電話で話したことがあった模様。また、翌年1月4日に、中年女性の声で実家に不審な電話があり、この時の会話が録音されている。

【失踪前後の出来事】
1月25日
後に発見された増山さんの手帳にこの日の日付で婚約者の愛人に関するメモが残されていた。

2月19日
職場に増山さん宛てに女性の声で不審な電話が掛かる。
時計を見ながら増山さんが何かを話していたのを同僚が目撃。

同日13:10
ひとみさん勤務先の歯科医院を退社。
これ以降の足取りが不明。

失踪の翌年(1995年)1月4日
実家に中年女性の声で不審な電話が掛かる。

どう控えめに見ても婚約者の元愛人が怪しいのだが、これだけの長期間警察が任意でも同行を求めないということははっきりとしたアリバイがあるのだろう。

行方不明後の不審な電話が怖すぎる

行方不明から1年あまりたった後、自宅へ年配の女性から不審な電話がかかってくる。
 ※電話のやりとり
 妹「はい、増山ですが(ひとみさんの妹が電話を取る)」
 女性『もしもし、お姉ちゃんだよ』
 妹「はい?」
 女性『お姉ちゃん』
 妹「誰ですか?」
 女性『お姉ちゃんだよ』
 妹「どちら様ですか?」
 女性『ひとみです』
 妹「は?」
 女性『(無言で電話を切る)』

坂出タケノコ掘り女児行方不明事件

平成17年、香川県の山中でタケノコ掘りを楽しんでいた当時5歳の女児が、まるで神隠しにあったように姿を消してしまった事件です。母親が数分程度目を離していたスキの出来事で、周辺にも人はたくさんいました。警察犬を出動させて捜索しましたが、ある一定の場所でぴたりと止まってしまったそうです。そこからにおいを追えなくなったとなると、空にでも飛び立たないとありえないので、一時期「ワシにさらわれたのでは」などという話も飛び出しました。いまだに見つかっていません。

2005年4月29日、香川県坂出市五色台でタケノコ掘りの最中に
まるで「神隠し」であるかのように忽然と消えてしまった少女がいる。

その日、大西有紀ちゃん(当時5歳)は母親と一緒にタケノコ掘りに来ていた。
他にも参加者は60人。町のレクリエーションイベントだった。

13時20分頃、有紀ちゃんはタケノコを発見。
一緒にいた母親がそのタケノコを掘り始めた。

しかし有紀ちゃんは突然立ち上がり、
「もう一本見つけてくる」と言って、ひとりで母親の元を離れてしまった。

数分後、タケノコを掘り終えた母親は、有紀ちゃんを呼んだが返事が無い。
辺りを探しても、有紀ちゃんはどこにもいなかった。

母親は友人に助けを求め、竹林の中を探しまわった。
やがて通報を受けた警察も駆けつけ、警察犬を投入し、有紀ちゃんの行方を追った。

しかし、その姿はどこにも見当たらなかった。

2008年12月4日放送の『衝撃リポート!!世界の怪奇現象・大追跡スペシャルVI』で超能力者.超能力者ノリーン・レニアは大きなリュックを背負った人物が計画的犯行で有紀ちゃんをさらい、有紀ちゃんは助けを呼ぼうと声を出そうとするも胸がふさがれていて出せなかったと透視。実際、当日の参加者の中に大きなリュックを背負った人物が目撃されており、警察ではこの男の行方を追っている。

1 2