1. まとめトップ

健康にいいはずがない!フルーツグラノーラの問題点とは?

健康志向、ダイエットブームに乗って大ヒットしたフルーツグラノーラ。しかし、食べてみてなんとなく気が付いている人もいるはず。『こんな甘く、お菓子みたいなものが本当に健康にいいの?』と。実際に、フルーツグラノーラでダイエットに失敗する人が増えています。実はフルーツグラノーラには、様々な問題があるんです。

更新日: 2015年06月21日

24 お気に入り 1202911 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tigermoniさん

健康志向、ダイエットブームで人気商品となったフルーツグラノーラ

シリアルは手軽な朝食として広く知られる。健康志向の高まりとともに最近はドライフルーツやナッツが入った「フルーツグラノーラ」が人気だ。

フルーツグラノーラには、ビタミンやミネラル、食物繊維などもバランスよく含まれているという特徴があります。

グラノーラとは?

「グラノーラ」の起源は19世紀後半のアメリカ。発明したのは、ジョン・ハーヴェイ・ケロッグ博士で、サナトリウムで療養中の菜食主義者のための病院食がそもそもの発端。

グラノーラは、オーツ麦という麦の一種を食べやすく押しつぶしたものを主原料として、蜂蜜などのシロップや植物油と混ぜてオーブンで焼き上げたシリアル食品のひとつです。

籾殻(もみがら)を脱穀(だっこく)しただけの全粒穀物のため、とても栄養価が高いのが特徴です。

オーツ麦の英語名は「oats」。つまり「オートミール(oat meal)」は、「オーツ麦の食事」という意味なんですね。

オーツ麦は収穫時は細長い形をしていますが、オートミールなどに加工する場合は、加熱してローラーをかけて押しつぶされます。これが「押麦」というやつです。

ブームにのって各社が様々な商品を発売

大手メーカーのほか専門店も登場し、このところ選択肢はぐんと増えてきた。

最近では、進化を遂げた新しいグラノーラが登場し、注目を集めている。クコの実入りの「薬膳グラノーラ」、食べるのではなく“飲む”グラノーラ。

また、グラノーラといえば牛乳やヨーグルトと合わせて洋食のイメージだが、和の食卓にもぴったりの、ご飯にかける“ふりかけ”グラノーラもお目見え。

フルーツグラノーラが健康によいと言われる理由

出典mery.jp

食物繊維は胃などの消化器官で消化されずに、大腸まで達する食品成分です。便秘の予防になる整腸効果や、血糖値上昇の抑制、血液中のコレステロール濃度の低下などの効果が明らかになっています。

人気の理由はオーツ麦にあります。オーツ麦には玄米の約3倍の食物繊維やカルシウム、鉄分などのミネラルが多く含まれており不足しがちな食品成分を補ってくれます。

ドライフルーツやナッツが多く含まれています。レーズンやクランベリなどにはポリフェノールが含まれており、美肌づくりにつながる抗酸化作用があります。

また、アンズやマンゴーにはβカロテンが含まれており肌荒れや疲れ目防止につながります。ナッツは、オレイン酸などの不飽和脂肪酸が豊富で、体脂肪を溜まりにくくし、血中の中性脂肪を減らす作用を持ちます。

さて、ここからがフルーツグラノーラの問題点!

①下のグラフは勘違いのもと!!

グラフは、1日の栄養素等表示基準値を100%とした場合の摂取割合を示しています。食品の栄養成分の評価の際、日本人一般に幅広く適用できる共通の"ものさし"として厚生労働省より「栄養素等表示基準値」が設定されています。「栄養素等表示基準値」は、日本人の1日に必要な量の平均的な値として捉えることができます。

一見、フルグラはエネルギーやナトリウムが低く、ビタミン類や鉄の含有量が高いように感じてしまうが・・・

厚生労働省から発表されている日本人の食事摂取基準2015に収載されているものはグラフの栄養素だけではない。上のグラフでは、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB2、ビオチン、ビタミンC、マグネシウム、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデンの評価がすっぽり抜け落ちている。

つまり、自信のある栄養素しか表示していない。

②砂糖の含有量が高い。

市販されているほとんどのフルーツグラノーラにはたくさんの砂糖が使われています。一番有名なカルビーのフルーツグラノーラの成分表を見ると、オーツ麦、ライ麦に続いて3番目に砂糖が表示されています。

原材料名は、原材料に占める重量の割合の多いものから順番に表示されています。

1 2