1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

京都五花街の芸舞妓40人が21日、東京に出向き、京都への旅行を呼び掛ける。今年40回目を迎える誘客キャンペーン「京の夏の旅」の趣向で、これだけ大人数での芸舞妓の“出張”は初めてという。あでやかな姿のまま移動し、六本木ヒルズでの記念の催しで舞を披露する。

京都府京都市・京都市観光協会・JR東海は6月19日~21日、六本木ヒルズアリーナ(東京都港区)にて京文化体験イベント「"ほんまもん"だけ3DAYS」を開催する。
同イベントは、京都市と京都市観光協会による「京の夏の旅」キャンペーンの開催40回を記念して開催される。「京の夏の旅」キャンペーン期間中は、普段は見学できない文化財の特別公開や、効率よく各地をめぐる定期観光バスの運行、伝統産業・文化を体験できる観光プランや食イベントなど、京都にてさまざまな催しが行われるとのこと。

祇園祭の大船鉾が19日、東京都港区の六本木ヒルズ内にお目見えした。京都観光をPRするイベントの一環で、昨年150年ぶりに復活し、祭りに彩りを添える鉾と現代的な高層ビルとの対比に、多くの来場者が足を止めて見上げた。
約6メートルの大船鉾を組み上げる作業も楽しんでもらえるように、鉾建ては18日から始め、19日は木組みをはめ込む木づちの音が周囲に響き渡った。水引幕が取り付けられ、会場は一気に京都の夏を思わせる雰囲気に包まれた。

1