1. まとめトップ

期待のマイナーリーガー村田透!日本人メジャーリーガー誕生の歴史を繋ぐ!!

今年は開幕時に新しくメジャーリーガーとなった選手がおらず、野茂英雄の挑戦以来毎年続いた日本人メジャーリーガーの誕生が途切れる可能性がありました。しかし、2015年6月28日、マイナーリーグで奮闘中の村田透選手がメジャーリーグに昇格し先発登板。日本人メジャーリーガー誕生の歴史を繋ぎました。

更新日: 2015年09月08日

0 お気に入り 3962 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

itnoさん

クリーブランド・インディアンス傘下のマイナーに所属する村田透選手

2015年6月28日のメジャーデビュー戦は黒星

村田投手はジャイアンツでドラフトで1巡目指名の経歴を持つ

読売ジャイアンツ
村田 透
46投手

むらた・とおる
1985年5月20日生  身長182cm  体重80kg  右投 左打
大体大浪商高 - 大阪体育大
2007年大学生・社会人ドラフト1巡目

右の本格派でボールにキレがある。ヒジの使い方がやわらかい投手である。

大阪体育大3年時に、先輩・上原浩治(レンジャーズ)も成し得なかった大学日本一に輝き、MVPを獲得。大学のリーグ通算勝利数こそ上原には及ばなかったものの、2007年秋の大学・社会人ドラフトで巨人の1巡目指名を受けて入団した。

大体大浪商高では2年春の選抜高校野球大会に出場してベスト16入り。

しかし3年で解雇。新天地を求め、2010年12月にインディアンスとマイナー契約を結ぶ

41試合2勝10敗、防御率4.56
村田はこの数字を残しただけで、3年目のオフに自由契約を言い渡された。ついに1軍のマウンドに上がることはなかった。残した成績はファームでのものでしかなかった。

日本のプロ野球キャンプがシーズンイン、米大リーグも開幕。その大リーグに「マイナー」から挑戦するのが、07年巨人ドラフト1巡目指名の村田透投手(本学07年度卒)だ。巨人から3年で解雇通告を受け、昨年12月にインディアンスとマイナー契約を結んだ村田。

マイナーリーグでは苦労しながらも階段を1歩1歩上がっていく

A+、AAくらいまでは好投が目立ったが、AAAまで上がって足踏みを続けている。

渡米1年目のオフのパナマを皮切りに彼は例年、オフシーズンはラテンアメリカのウィンターリーグで過ごすことにしている。

村田透は2007年巨人の社会人、大学生ドラフト1巡目指名で期待されたが、一軍では投げることができず、2011年からインディアンス傘下のマイナーリーグに挑戦している。A+からスタートし、4年かけてAAAまで登ってきた。

2015年も3Aで勝ち星を重ねている

米大リーグ、インディアンス傘下のマイナー、3Aコロンバスの村田は17日、敵地でのノーフォーク戦に先発して9回途中まで投げ、10安打2失点、無四球6三振と好投して5勝目(2敗)を挙げた。

米大リーグ、インディアンス傘下のマイナー、3Aコロンバスの村田透(30)は12日、本拠地でのシラキュース戦に先発して6回1/3を投げ、8安打1失点で4勝目(2敗)を挙げた。

米大リーグ、インディアンス傘下のコロンバスに所属する村田透投手(30)が15勝を挙げ最多勝に輝いた。

村田透オフィシャルブログ「村田透のおもんない話」

ちなみに、村田選手はアメブロでブログをやっています。

メジャーデビュー戦では黒星を喫してしまった村田選手ですが、メジャーリーガーとしての第一歩を踏み出したばかり。
今後の活躍を期待したいですね。

1