1. まとめトップ

世界中の警察が恐ろしかっこいいと評判に!

世界中の警官や、警察の中の、機動隊や特殊部隊が、武装・雰囲気ともに、恐ろしいんだけど、平和を守っていると思うとかっこいい、として、各国で評判になっています。そんなすばらしい部隊の画像集合。

更新日: 2018年10月08日

7 お気に入り 29302 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

世界のすごい警察がヤバいです。

moepapaさん

特殊部隊とは

特殊部隊(とくしゅぶたい、英: Special Forces, SF)または特殊作戦部隊(とくしゅさくせんぶたい、英: Special Operations Forces, SOF)とは、特別な装備や訓練を受けた人員で構成され一般の陸海空軍や武装警察では任務の遂行が困難な特殊作戦に投入される部隊である。
一般に、比較的小人数による部隊行動で後方攪乱、破壊工作(暗殺を含む)、戦略的攻撃、対テロ作戦、情報収集、心理戦、人質救出作戦などの任務を遂行する。

真ん中ww
どんな戦闘地帯にいるんだよ!?と

現代にも存在するカナダの騎馬警察です。これだけの馬を訓練するのは大したものですよね。

ちょっとお面が怖い。本当に警察かw

機動隊の武装車両!?ちょっと武装し過ぎじゃ・・・
アメリカではスタンダードなんでしょうか。

なぜかマスクがちょっと強盗風なんですけど・・・。

ゲームとかに出てきそうな特殊部隊ですね。

どっちかって言うと、敵役みたい・・・お面が怖い。

・・・なんか警察に見えないんですけど・・・。

まさに特殊部隊、といった風情の装備です。

こ、これは怖い。制圧時にこの迫力で攻めてきたら圧巻ですね。

なんで海外の特殊警察系はこんなに完全武装で特殊工作員のような恰好なのでしょう。

ロシア スペツナズ

スペツナズ(спецназ, Spetsnaz)とは、ロシア語の「特殊任務部隊」(подразделения специального назначения)の略語である。
第二次世界大戦中にも複数の指揮・命令系統に類似の名称・任務を有する部隊が存在したが、現在では、戦後のGRU所属下の特殊任務部隊を差す。

「スペツナズ」という語そのものは、「SAS」(イギリス陸軍)、「USASOC」(アメリカ陸軍特殊部隊群、通称「グリーンベレー」)等とは異なり、特定の部隊を指す語ではないので注意を要する。例えばロシア連邦保安庁やロシア内務省、ロシア対外情報庁等にもそれぞれの特殊任務部隊、“スペツナズ”が存在する。

アメリカ SWAT

SWATとは、Special Weapons And Tacticsの略称で、アメリカ合衆国の警察に設置されている特殊部隊および同種の部隊を指す。

日本 SAT

特殊急襲部隊(とくしゅきゅうしゅうぶたい、英語:Special Assault Team、通称:SAT(サット)
一応日本にも特殊警察部隊はあるんですね。

1 2