1. まとめトップ

メルカリ出品者必見!発送で差がつく!A4サイズ商品を安く送って収入UP

メルカリ初心者向け。発送の手段が多くて迷っている方、なんでもかんでも普通郵便で送ってしまっている方、必見です。今回はA4サイズに収まる商品限定で使える送り方をまとめました。(情報は2015年6月現在のものです)

更新日: 2017年01月08日

木堅さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
80 お気に入り 97519 view
お気に入り追加

商品が売れた!・・・でもちょっと待って!

メルカリでは商品が売れた際に販売手数料が10%かかってしまいます。
これは購入側には関係ありませんが、出品者のみにかかってしまうお金です。
例えば
300円で売れた商品の販売手数料は30円!
3000円で売れた商品の販売手数料は300円!
手数料は売り上げから自動的に差し引かれてしまいます。
10%って結構大きいです・・・

だからこそ!発送方法は慎重に選びましょう。

今回は一番手軽かつ使用頻度も高いA4サイズの商品にしぼって、適した発送方法をまとめてみました。

A4サイズにおさまる品物

A4サイズに収まるものは発送方法も楽なので、出品しやすいです。
初心者の方はまずこのサイズから始めてみると商品が売れた後も慌てずに発送の準備ができます。

一番お手軽な手段:普通郵便

一番楽な方法です。
切手を貼って近くのポストに投函するだけ!
切手はコンビニや金券ショップで買えます。

普通郵便の注意点!

しっかりグラム単位で量りましょう。
(郵便局に持っていけばしっかり量ってもらえます)
郵便局に行く時間のない人はデジタルスケールを持つべし。
万が一料金不足だった場合は購入者が受取る際に不足分の負担を強いられる場合も・・・これはトラブルの元です。

普通郵便には追跡サービスがないので、確実に送った証拠が残りません。
購入者から「まだ届かない」と言われてしまった場合、自分で郵便局に問合せをして地道にたどっていくしかありません。
チケットなど価値のあるものを送る際はプラス料金で「簡易書留」や「書留」を使った方が安心。

100g以上の郵便には他の選択肢がある

上の画像の通り、150gを超えると最低205円の送料が必要になります。
その場合、ある程度の厚さの商品だと
「メルカリ便」「クイックポスト」「レターパック」
の方がお得かつ追跡もできて安心です。

「メルカリ便(ネコポス)」の便利さ

包装した荷物をヤマトの営業所に持ち込みます。
メルカリ内で決済されるので、お金は不要。

追跡・補償サービスあり。

メルカリ便には他の種類もありますが、今回はネコポスだけ紹介します。

送状は購入者の登録通りの情報が印刷されるので、住所や名前の書き間違いの心配がありません。
自宅にプリンターがなくてもOK!

入れ物は封筒でもショップ袋でも、とにかくA4サイズ厚さ2.5cm以内ならOK!

「クイックポスト」は更に安い!

ネコポスよりも安いです。
ただし事前にクイックポストの登録とヤフーウォレット決済の登録が必要です。

郵便局に持ち込む必要はなく、ポスト投函が出来るので楽です。

追跡あり、補償なし。

ネコポスよりも厚さ0.5cm余裕があります。
(この差は大きいです)

重さはネコポスと同じ1kg以内なら可。

伝票は自分で印刷なので、自宅にプリンターがないと使いづらいです。
普通の再生紙にモノクロ印刷でも大丈夫です。

この二つに当てはまらなければ「レターパック」

厚さ3cm以内→ライト
3cm以上も可→プラス

どちらもA4サイズ、4kg以内。

封筒は郵便局のほかコンビニでも買えますが、一部取り扱いをしていないコンビニもあるので注意。

ローソンの店舗内には専用のポストもあるので、ローソンで買えば間違いないです。

勧めておいて早速ですが、同一県内への発送だと「オークションゆうパック」の方が「480円」と安いです。
(ただし楽天への登録が必要。詳しくは調べてね)

レターパックは追跡あり、補償なし。

普通郵便は最低限の使用が無難

やはり追跡があるのとないのとでは出品側も購入側も安心感が違います。

発送していないのに「発送した」、受け取ったのに「受け取っていない」という詐欺も実際に起きています。

でも「普通郵便でいいから安く購入したい」という購入者ももちろん多いので、普通郵便がダメだというわけではありません。

詳しくはメルカリのガイドに載っています!

詳細はガイドに載っているので、是非一度見てみてください。

1





木堅さん