1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

senpuki.goさん

■ポイント1「前頭葉」と「後頭葉」

おでこの部分には人間の脳の中でも一番進化した「前頭葉」という人間らしさを司る脳があります。
しかし、前頭葉がストレスをいっぱい感じている時は、生き延びるための防衛本能である「戦うか逃げるか」だけしか考えられない後頭葉に血が集まります。

■ポイント2「左後脳 CIA」「側頭葉」

左後脳にCIA(アメリカ秘密中央情報局のことではありません)と呼ばれる箇所があり、〔中略〕

そこでは、苦痛・恐怖・苦痛への恐怖を扱います。

否定的な感情でいっぱいの時には耳あたりにある「側頭葉」という脳に血が集まり周りが見えなくなります。

■ポイント3「やり方」など

指で軽くおでこに手を当てて、その部分から脈が来るかどうかを感じてもらうのです。

ストレスがいっぱいのときは脈がなかなか来なくて時間がかかります。でもそのうち必ず感じられるようになります。

■ポイント4「効果」など

「前頭葉」に十分な血を集めて前頭葉の機能を活性化させます。
前頭葉が活性化すると冷静な思考ができるのです。

そして、創造的なアイデアが湧いてきたり、困難の打開策をひらめいたりします。

左脳の後脳→左脳の前脳→右脳の前脳→右脳の後脳へとエネルギーが流れるようになるのです。こうして脳の全体が活性化されます。

■ポイント5「名称」など

■ポイント6 もう一つの可能性 「おでこ伸ばし」を参考に

①自律神経の調整作用
 ②頚椎(首の骨)の矯正効果

リンク先のwebサイトでは、詳しく説明してくれている。

1