出典 trauma2896さんがアップロード

自身が昭和36年に福岡県で撮影した炭坑内の男性の写真パネルを手にする写真家の斎藤康一氏

斎藤氏は「自分が撮影したのは懸命に働く日本人だ。韓国側は自分たちの主張に都合のいいように扱っている。抗議する気にすらならない」と語った。

この情報が含まれているまとめはこちら

【歴史戦】慰安婦・徴用工⇒戦時労働者問題は妥協するな!【断交希望】

慰安婦問題・徴用工問題で妥協するべからず。下手に妥協すると後々日本国益にマイナス案件になる。最終的かつ不可逆的という言葉は韓国には難しい言葉だったようだ。(はずかしい国)。徴用工問題は(特に軍艦島)最新施設、高額の給与、二つの民族が共存した「普通の職場」であったことを外務省はもっと発表するべき。

このまとめを見る