一般的に理学療法は運動などの反復が多いが、一方、作業療法士(OT)のおこなう作業療法は、様々な作業の複合的動作バリエーションの中で機能回復を目指す。そのため理学療法士が行うリハビリの目的は「基本的動作能力の回復」であり、障害や後遺症のある「部位」に注目し、運動療法、物理療法、日常生活活動(ADL)といった手法を使用する。

出典理学療法士 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

患者さんとの二人三脚!理学療法士になるには!?

身体に障害のある人のリハビリを支える仕事である理学療法士。直接的に人のためになるとてもやりがいのある仕事です。高齢者も増加し、需要も増えてくると見込まれています。

このまとめを見る