1. まとめトップ

APS-C機でフルサイズ撮影が可能『スピードブースター(Speed Booster)』について

有効撮影画素範囲でフルサイズに劣るAPS-C機でフルサイズの撮影画素撮影ができる夢のようなマウントアダプター『スピードブースター』についてのまとめです♪

更新日: 2015年06月23日

3 お気に入り 4706 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

スピードブースター(Speed Booster)とは?

左の画像の紫色の部分がAPS-Cサイズで、緑色の部分がフルサイズの有効画素サイズ。APS-Cの1.5倍がフルサイズの画角となる。つまり、APS-Cサイズの撮影機で35mmの焦点距離レンズを使うと、フルサイズ換算で47mm、約50mmの画角サイズになる。

つまり、スピードブースターを使えば焦点距離は1.5倍化せずに、フルサイズ機と同等の画角を得ることができる。

SPEED BOOSTERの対応レンズマウントは以下になる。キヤノンEF、キヤノンFD、ニコンG、ソニーA、ミノルタMD、オリンパスOM、ヤシカ・コンタックス、コンタレックス、ライカR、ローライQBM、ALPAマウント、以上の計11種類。※マイクロフォーサーズでは35mm判換算で約1.4倍相当の画角になる。

安価なコンパクトデジタル一眼がフルサイズ機になる・・夢のようなマウントアダプターです。

作成

スピードブースター非装着

焦点距離は50mmの1.5倍で75mm相当になっている。

スピードブースター装着によりレンズそのままの50mmの焦点距離を実現。

内臓レンズによる画質劣化は見受けられない

通常のマウントアダプターはレンズを介していないが、スピードブースターには4枚のレンズが内蔵されている。そのことから画質劣化を心配する声も上がっているが、ユーザーのレビューサイトを見るに画質の劣化は見受けられない。

それどころか、アダプターの光学的設計上一絞り分明るくなる利点がある。暗所での撮影やボケ味を使いたいシーンにとても有効活用できる。

値段は500ドル〜600ドル程度

結構いい値段はしますが、、コンパクトデジタル一眼でフルサイズ画質が得られるSONYのRX1が20万円弱することを考えれば安いのかもしれません。

日本で購入できるアマゾンだと、50000円から110000円と幅があるようです。

1