1. まとめトップ

初心者が夜行バスに乗車する10の心得

夜行バスや高速バスに初めて乗車する初心者が気をつけるべき10の心得です。

更新日: 2015年06月22日

busmaniaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
15 お気に入り 9090 view
お気に入り追加

【心得 その1】乗車場所を事前に必ず確認する。

乗車する場所がわからずさまようパターンが一番多い。連絡先に電話してもつながらず周りの人に聞いてもわからないってことが多いです。

また、ここだろ!!って自信満々に行ってもなかなかバスがこない!!ってパターンも非常に多い。この場合は思い込みで乗車場所を間違えている。

乗車場所はたくさんあり各会社で微妙に違います。それと時期によっても場所が変わる場合がありますから気をつけてね。

必ず乗車する場所へ一度行って確認したほうがいいですね。

【心得 その2】バス会社の担当係員以外は信じちゃいけない。

自分の担当ではないバス会社の係員はすごくテキトーに案内します。

自分の乗車するバス以外の係員の言うことは絶対信じちゃダメ。

全然違うことを言って乗れなくても誰も責任取ってくれません。

【心得 その3】遅れる場合は、なるべく早く電話連絡する。

バス会社は出発前に行けなくなった時などに連絡できる連絡先を持っているところが多い。(概ね出発30分前)
※予約時に確認すること!!

しかし出発時間ギリギリに連絡先に電話してもつながらない場合が多い。こうなった場合は万事休す。
なるべく早く連絡することをオススメします。
出発後につながった場合は返金してくれない場合があるが、一応電話してみて。もしかすると一部返金してくれるかもしれない。

また、『あと5分で着きそうなので待ってください』などもバスは待ってくれません。それなら先に連絡を入れておいて、乗れたらラッキーと思ったほうがいいでしょう。

【心得 その4】乗車前に必ずトイレに行っておく。

乗車前にトラブルになるのがこのトイレ問題。近くにトイレはまずないと思っておいたほうが良い。

仮に近くにあったとしても混んでいて順番待ってた間にバスが行ってしまうことが多々あります。

いける時に済ませていくことを強くオススメします。

【心得 その5】臭いのキツイものを持ち込まない。

バスに乗車して一番困る問題がこれ。
以下のケースは最悪なパターンです。

★男性に多いパターン
・酒をたらふく飲む
・餃子などを食べる
→車内はもちろん食べれません。
・汗の臭い
・整髪料の臭い
・靴下やタバコの臭い

★女性に多いパターン
・香水の臭い
・パスタなどを食べる(ニンニク臭)
・ブーツの臭い
・整髪料の臭い

あまりに臭いがきつい場合は乗車できない場合があります。

【心得 その6】快適グッズを備えておく。

★あった方がいいもの
・エア枕
・ブランケット
→備え付けてない場合あり
・ブレスケア
・マスク
・耳栓
・歯磨きセット
・腰枕
・メイク落とし
・携帯の充電器
・携帯の予備バッテリー
→コンセントがついてない場合あり
・コンタクトケース
・薬
・ストッキング

【心得 その7】洒落た格好で乗車しない。

夏などは薄着になりがちだが、車内は以外と寒かったりします。車内の温度調節もしてくれますが基本は寒い方は着てください。

特に足元が以外と寒い。一枚すぐに着れるものやブランケットを用意しておけばいいでしょう。

あと特に女性は、短いスカートやホットパンツなどを履いて乗車するのは絶対にやめましょう。危険すぎます。男性にいたずらされたり嫌な思いをするはめになることが多いですよ。

長いズボンかジャージで乗車するのがオススメ!!。
おしゃれは乗車後にバッチリと!!。

【心得 その8】トイレが近い人は通路側に座ろう。

走行中にトイレに行きたい場合、隣の人が爆睡していてトイレに行けなかったなんて話がざらにあります。

また、高齢者が隣(窓側)の場合に失禁するなんてことがたまにありますのでお互い惨事にならないように気をつけた方がいいです。

事前に座席指定や座席希望などを予約するところに確認しましょう。

座席指定が可能なサイト(有料)

座席希望を受けてくれるサイト(無料)

【心得 その9】忘れ物しないために1つのバックやカバンにしまう。

乗車後に忘れ物をすると、すぐに帰ってきません。
財布や携帯を忘れるとせっかくの旅行で何もできなくなるので1つのバックに入れる癖をつけたほうがいいです。

★忘れ物として多いもの
・財布
・携帯、スマホ、充電器
・ゲーム機
・めがね
・お土産
・マフラー
・帽子
・ipodなどの音楽プレイヤー
・化粧道具


◆意外な忘れ物
・トランクケースに預けた荷物
→寝ぼけて忘れる
・コンサートチケット
・靴
・友達
→寝過ごしの友達を放置
・かつら(ウィッグ)など
・片方だけの靴下

【心得 その10】目覚ましはバイブにしておく。

何度も何度も目覚まし音楽が流れて嫌な思いをすることが多々あります。

みんな寝起きなんですごく不機嫌で必ずもめます。

そんな時にどうすればいいのか・・・・

どうしても音楽じゃないとダメな場合はイヤホンをする
などの工夫をしたり、友達に起こしてもらったりしましょう。

バイブも置き場所によってはブルブルうるさいものです。
胸ポケットなどにしまうなど心がけましょう。

【まとめ】結局のところ・・・思いやりです。

★準備はしっかりしましょう。
・集合場所は確認しましたか?
・集合時間は何時ですか?
・乗車するために必要なチケットは持ってる?
・緊急の連絡先の電話番号はわかってる?
・持ち物はまとまってますか?
・トイレは行きましたか?
・係員はバス会社の者ですか?

★マナーを守りましょう。
・バスは公共交通機関です。あなただけのものではありません。
・バスは待ってくれません。時間になったら発車します。
・臭いのキツイものは持ち込まない。
・音楽プレイヤーの音漏れは最悪。注意すべし。
・いびきも迷惑。横に体を傾けるなどの工夫を。

1





busmaniaさん