1. まとめトップ

「ハイキュー!!」の聖地巡礼ついでに座敷わらしに会ってこよう!

普段は年配の方ばかりが訪れる岩手の温泉郷に、ここ最近若い女性の姿がよく見られるらしい――。その理由は、人気マンガの「ハイキュー!!」に登場するキャラクターの名前が、岩手の温泉郷に由来しているためだという。

更新日: 2015年06月25日

tame2000さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
13 お気に入り 43779 view
お気に入り追加

大人気の次世代王道スポーツマンガ「ハイキュー!!」

「ハイキュー!!」は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で大好評連載中の熱血青春バレーボール物語

バレーボールを通じてチームメイトとの絆やライバル校との熱い戦いが描かれる、次世代王道スポーツ作品です

今夏には「劇場版 ハイキュー!! 総集編(前編/後編)」の公開が控え、さらに今秋より「TVアニメ ハイキュー!! セカンドシーズン」が放送予定と、今後も注目の大人気作品です

作者の古舘春一さんは岩手県軽米町出身

宮城県の高校が舞台となっているけれども、著者は「岩手をイメージして描いている」とインタビューに答えており、軽米町の景色によく似たシーンが作品に登場する

「ハイキュー!!」の作者・古舘春一さんは岩手県軽米町出身で、コミック内には町内の体育館や高校など、作者の地元を舞台にした風景が数多く見られるという

ファンは同町を「聖地」と呼び、東京からの所要時間が4時間30分にもかかわらず、訪れる人が相次いでいる。

地元の商工会青年部は、ブログ「ハイキュー!! 岩手県軽米町の聖地紹介」を開設し聖地巡礼のファンに情報発信をしている

「聖地巡礼」に訪れるファンのためにさまざまな情報が掲載されているが、東京から現地まで、新幹線または夜行バスを利用した場合のモデルプランもその1つ

バスの待ち合わせ時間が短くて済むようスケジュールが組まれていて、土地勘のない人でも安心だ。近隣の中心都市である八戸を経由するプランや、レンタカーを使った場合のプランも紹介されている。

「金田一勇太郎」の元ネタとなった金田一温泉に宿泊するファンも

普段は年配の方ばかりが訪れる岩手の温泉郷に、ここ最近若い女性の姿がよく見られるらしい――。

その理由は、人気マンガの「ハイキュー!!」に登場するキャラクターの名前が、岩手の温泉郷に由来しているためだという

金田一温泉は岩手県の北部に位置し、新幹線二戸駅、IGR金田一温泉駅が近く、また、国道4号線沿いにあります

金田一温泉は寛永3年に発見されたといわれる歴史ある温泉で、かつては南部藩の湯治場だったことから「侍の湯」と呼ばれ湯治客で賑わったと言われます

金田一温泉には座敷わらしが住むと言われている

座敷わらしを見た人は幸運に恵まれ、男性は出世し、女性は玉の輿に乗れる、また子宝に恵まれたとも言われています

そんな中、1件の旅館が大人気に

このハイキュー部屋は、金田一温泉おぼない旅館さんです。古舘先生のサインもあります。本当に一生懸命な女将さんががんばっていらっしゃいます。 Twitterがないので宣伝してもらえると嬉しいです、宿泊考えてる方はハイキューと伝えて、是非! pic.twitter.com/VSQlnjGk2S

1 2





みなさんの役に立つ楽しいまとめを作っていきたいと思っています。
よろしければ★を押してお気に入りにご登録ください。
よろしくお願いいたします。

このまとめに参加する