1. まとめトップ

結婚できない女性たち!30代男性の未婚率50%なのに「いい男いない」と女性が言う理由とは?

結婚適齢期である25-35歳ぐらいに結婚できない人が急増中です。30代男性の未婚率が50%なのに「いい男がいない」と女性が言うのは、何故でしょう。出会いが無いのではなくて、恋愛がうまく発展しない問題があるようです。

更新日: 2015年06月24日

1 お気に入り 3864 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

「結婚はしたいが、相手がいない」という回答が多数。結婚がしたくないからではなく、本心はしたいのかと。

25-34歳の未婚率が急上昇

結婚する年齢層の未婚率がバブル崩壊後に急上昇しています。男女共に約半数の人が未婚状態にあります。

男性・30代前半の未婚率は47.7%。つまりほぼ半数が結婚していないということになる。

男性・20代後半の未婚率は72.6%。結婚している人は3割にも達していないのだ。

男性20代で7割が未婚ですが、驚いた事に女性も6割が未婚の状態で30台に突入している事が分かります。

未婚のまま結婚適齢期を過ぎる

35歳を過ぎても、3割の人は結婚していない事が分かります。

2010年時点の30歳から34歳までの女性の33.3%が未婚。10年前と比較して6.7%も上昇しています。

日本の標準的な家族構成は33歳夫、29歳妻、4歳子ども――。しかしこの標準モデル世帯というのが、かなりの少数派

親との同居が急増している

金銭的な理由で1人暮らしができないため、親と一緒に暮らす30~40代の人たちが増えている。

男女共に生涯未婚率が急上昇している事がグラフからも分かります。

美女なのに結婚できない女性も急増

沈んでいく日本という国家

生産人口がどんどん減少しており、高齢者が増え続けている事が分かります。

税収が伸びない中で借金依存の政治で、利息の支払いだけで年間10兆円です。お金の流動性に大きな問題が出ています。

日本のお年寄りが間接的に日本国債を買っている事になりますが、それも限界に近づいています。

参考リンク

1