1. まとめトップ

お墓選びのチェックポイント7つ★こんな霊園や業者には要注意!

失敗なく安心してお墓を建てるための注意点をまとめました。後悔しないお墓選びの参考にしてください。週刊ダイヤモンド2011年2月19日号「納得の葬儀・墓」を参照し、ネット上の情報を付加しました。

更新日: 2015年06月24日

0 お気に入り 647 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

il0veb00ksさん

①【立地・アクセス】自宅から公共交通機関で1時間以内か

価格の安さに釣られて郊外に購入すると、いずれ頻繁に通えなくなるため注意が必要。

出典週刊ダイヤモンド2011年2月19日号

「お墓参りしやすいかどうか」はとても大事な要素です。
健康な時は気にならなくても、足腰が弱ってきたり、車が乗れなくなったりした場合、お墓参りが大きな負担になります。
お盆お彼岸は言うまでもなく、お墓参りはできるだけ多く行いたいものです。
先々のことも考えて、交通の便・アクセスをしっかり確認しましょう。

②【管理・サービス】墓の献花が枯れていないか

墓前に枯れた花が目立つ霊園は要注意。「霊園がていねいに管理されているかは、お墓に供えられた花を見れば一目瞭然」と霊園管理に携わる関係者は指摘する。
(略)
霊園を下見する際には、芝や植木などの手入れ、そして園内や周辺の清掃が行き届いているか、くまなく確認したほうがよい。

出典週刊ダイヤモンド2011年2月19日号

③【人気】霊園に空き区画が多くないか

④【時期】バブル期に開発されていないか

⑤【住職の人柄】時計など住職の身なりが派手でないか

東京・多摩地域の住職は「高級時計をしていたり、外車に乗っていたりする住職は信用できない」と断言する。(略)
「よいお寺はお布施や寄付の金額が明示されている」(都内の石材業者)との指摘も参考になる。

出典週刊ダイヤモンド2011年2月19日号

⑥【継続性】単立の宗教法人の霊園ではないか

運営に行き詰まった場合、宗派に属していれば、霊園の引き取り手を見つけることは難しくないが、単立では不透明感が残る。
単立の宗教法人すべてに問題があるというわけではないが、霊園の経営基盤の確認も怠ってはいけない。

出典週刊ダイヤモンド2011年2月19日号

⑦【品質】「墓石証明書」「お墓ディレクター」の資格があるか

霊園選びとともに、墓石選びも悩みの種だ。以前より減ったともいわれるが、依然として産地偽装は後を絶たない。(略)
まがい物をつかまされないための一助になるのが、日本石材産業協会が発行している石材産地証明書だ。完全に品質が保証されるわけではないが、一定の安心感はあり、その有無を確認するのも手だ。
また、石産協はお墓ディレクター検定も取り扱っており、1級の合格率は3割程度と、なかなかの難関検定。

1