1. まとめトップ

まるで空中浮遊!透明すぎる支笏湖の湖底には不思議な絶景が広がっている…

水質の良さで日本一になった北海道にある支笏湖。その透き通る水面のおかげでとても不思議な光景を楽しむことが出来るそうです。他では見られない絶景なのですが、ちょっと恐いかもしれません…。

更新日: 2015年06月30日

19 お気に入り 60116 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

einoieさん

水質調査で日本一!その湖の湖底がとんでもない事になっている

北海道の空の玄関「新千歳空港」から
車で約40分ほどの場所にあります。

雄大な山に囲まれた美しい湖なのですが
ちょっと不思議な場所なんです。

日本屈指の水質を誇る支笏湖は
支笏洞爺国立公園に属するカルデラ湖で
長径13km、短径5kmの東西に長いマユ型をしており
周囲は約40km、最大深度約360m、平均水深約265mの湖です。

支笏湖(しこつこ)はアイヌ語の「置きな窪地」という意味。

周囲には温泉があり
夏はキャンプやカヤックが楽しめます。

もちろん山々に囲まれた景色も素晴らしいのですが
ボートの下には湖が透明すぎるあまり
驚きの光景が広がってました!

どのくらい透明なのかというと…

水深10メートル以上でも
かなり鮮明に湖底が見えるんです。

支笏湖の透明度は約14~20m、環境省調査による湖沼の水質ランキングでも6年連続で全国1位になっていて、美しさは折り紙つき。

水質は素晴らしく、そのまま飲めてしまうくらいきれいな水で満たされた支笏湖。
純度が高く透明なので様々な湖面の絶景が楽しめます!

周囲を囲む森と湖の中の緑で
境界線がよくわからなくなってます。

湖底に生えているのは
「チトセバイカモ」
小さな白い花を水中で咲かせる、国の天然記念物です。

エメラルド色に輝く
水中の草原を見ながら進んでいきます。

7月中旬になると湖の中に森ができて、エメラルドグリーンの世界に変わりますよ。

湖の中のブルーとグリーンの対比が美しい…

湖水の不純物が少ないため
このような美しいブルーに見えるそうです。

さらに透明すぎてカヤックが浮く…!?

湖底の影だけが見えるのでまるで
空中を浮いているように見える!

透明すぎてボートをこいでいても
不思議な感覚に…

「 空を飛んでいるみたいで空から地上を覗きこんでいるみたい
と言ってたお客さんがいましたよー。」 とガイドさん。

ホント、そんな感覚で浮遊感がクセになります。

湖の底に沈む
木もくっきりはっきり!

岩場に泳ぐ魚もくっきり見えるそうです。

湖底が良く見えるから
まだまだすごい景色が見られます。

湖の中に断崖絶壁!!

ゆっくりと進むボート。
岩場を進んでいくと…

※この湖面の岩場も10メートルほどの
深さの場所にあります。

湖の中に
底が見えないほどの深い断崖絶壁が!

支笏湖の水深はなんと
360メートルの所もあるんです。

ボートに乗っているから大丈夫とはいえ
ゾッとしますね。

支笏湖には急に崖のように深くなっている場所がたくさんあります。火山の活動によってできたカルデラ湖ならではの神秘だそうです。

噴火によって
マグマの抜けた後に地盤が沈み
出来た窪地に水が貯まったカルデラ湖は
水深がとても深いのが特徴。

湖の水面下には「柱状節理(ちゅうじょうせつり)」と呼ばれる、
切り立った崖のような光景が広がります。
これはカルデラ生成時に、マグマが急激に冷やされ収縮した際にできた割れ目で、
支笏湖の見どころです。

噴火によって出来た、柱のような不思議な形の岩が
湖底の絶景を作り出していました。

ダイナミックな湖底探検は珍しいレイクダイビングでも!

湖だけどダイビングが楽しめます。
これは日本屈指の透明度を誇る
支笏湖だからこそ。

ダイビングというと「海」のイメージがありますが、
支笏湖は、国内では数少ない淡水ダイビングのできる
スポットとして、多くのダイバーに知られています。

そのままごくごく飲めちゃうくらい
綺麗な水の中でダイビング!
気持ちよさそうです。

一度水中に入ると、光のカーテンが差し込み、上を見ると雲が映りこみます。とっても幻想的
ポイントを変えると、地形のドロップオフのポイントや海中温泉も湧いている所も見所です。

1 2